ガエルネから新登場のネオレトロブーツ

オフロードライダーにはおなじみのイタリアのブーツメーカー、ガエルネからネオレトロブーツが新登場しました。

今回、ガエルネから新しく発売されるネオレトロブーツは、「Gストーン ゴアテックス」「G-ウォーリア」の2タイプ。

neoretro201804_01

「Gストーン ゴアテックス」は、その名の通り、ゴアテックスを装備した全天候型ブーツです。

Gストーン ゴアテックス

Gストーン ゴアテックス 37,260円(税込)

「G-ウォーリア」は、部分的にメッシュ素材を使用した通気性の良いブーツです。

Gウォーリア

Gウォーリア 29,700円(税込)

両モデル共に、柔らかい最高級のフルグレインレザーを使用している為、履き心地はしなやかで、履き込むほどにどんどん足に馴染んできます。

ブーツ前面のひもでフィット感を調整しますが、内側にファスナーが付いているので脱ぎ履きは簡単です。

ソールにはブロックソールを採用しているので、林道や砂利道でもへっちゃらです。ツーリング先でちょっと川原に降りたりなんて時にも安心ですね。

多くのライダーに愛用されるガエルネのブーツ

ガエルネのブーツの機能性と信頼性の高さは、多くのプロライダーが愛用していることでも実証済みですが、林道ツーリングなど一般道を走行するライダーにも愛用者が多いことでも知られています。

ガエルネのブーツは幅広いラインナップを持ち、モトクロスブーツのSGシリーズ、エンデューロブーツのED-PRO、近年ではアドベンチャーバイクにぴったりなGミッドランド、Gアドベンチャーなどオフロード系だけでも多くのブーツがあります。

またショートブーツのタフギアの他、オンロードブーツ、カジュアルラインまで、あらゆるオートバイライダーの為のブーツやシューズをラインナップしています。

今回、ネオレトロブーツも登場することで、更に選択肢が増えました。

ガエルネブーツ ラインナップ

万全のリペアサービスで長く履ける

ガエルネのブーツの国内正規販売は株式会社ジャペックスが取り扱っています。

修理が必要になったブーツは、ジャペックスにより国内で正規販売されたブーツの場合、ガエルネ専門修理サービス「J-REPAIR(ジェイリペア)」で修理が可能です。

pickup_grepair

本国イタリアのファクトリーと同様の修理設備を整え、クオリティの高い修理を短納期で行うことができます。ブーツソールの交換やバックルの破損など、極力抑えられた設定の費用で修理が可能です。

筆者も林道ツーリングにガエルネのED-プロを使用していますが、これまでにソールを2度交換してもらったり、バックルの破損も直してもらうなど、リペアサービスのおかげで長年の愛用ができています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新品に張り替えられたガエルネED-PROのソール

日本人の足型に合わせて製造

ジャペックスが日本国内で販売するガエルネのブーツは、日本人の足型の合わせた専用の木型で製造されています。

足幅の広い日本人の場合、欧米のサイズのままではきつく感じることがありますが、ガエルネのブーツは幅広の日本人の足型に合わせた木型でブーツを製造しています。

ただ、幅広いラインナップを持つガエルネのブーツは、ブーツの種類によりサイズ感に違いもあるとのことです。

そこでジャペックスのWEBサイトでは、自分にあったガエルネ製品のサイズがわかる「G-FIT(ジーフィット)」というページを設けています。

pickup_gfit

このページでは、モデル名を選び、足長、足幅、足囲の3点を測って選択するだけで、推奨サイズを提示してくれます。

ジャペックスが長年培った経験とデータに基づき、最適なサイズを算出してくれます。足長、足幅、足囲の測り方や、ブーツのフィッティングの仕方なども詳しく動画も交えて解説してくれています。

またガエルネのオンラインショップで購入した場合、サイズが合わなかった場合は1回に限り送料も含めて無償で交換してもらえるサービスもあります。

サイズやブーツ選びに迷った場合は、サービスデスクで親切にアドバイスもしてくれます。

ガエルネのブーツは決して安いものではありませんが、手入れや修理をしながら長く履けることを考えると、その価値はじゅうぶんにあるブーツではないでしょうか。

 

【関連リンク】

ジャペックス

ネオレトロ防水ブーツ「G-STONE」

ネオレトロメッシュブーツ「G-WARRIOR」