2017 FIMトライアル世界選手権 第2戦 ストライダー日本グランプリは、5月27日(土)28日(日)に栃木県のツインリンクもてぎで開催されます。

今年はレギュレーションの変更に伴い、昨年までの12セクション×3ラップから、15セクション2ラップで行われる。

2月から3月の間に開催された今年のインドア世界選手権Xトライアルで全勝し11連覇を決めた絶対チャンピオンのトニー・ボウが、今回のトライアル世界選手権にも参戦。

トニー・ボウは、トライアル世界選手権でも昨年までに10連覇を達成し、今年はその記録を積み重ねるべくチャレンジを続けている。
トライアル世界選手権は、5月14日にスペインで開幕を迎えたが、当日は途中から大雨が降り出しコンディションは悪化。参加選手には厳しい大会となった。
そのような状況の中、開幕戦はトニー・ボウが優勝し、幸先のいいスタートを切っている。
日本のエース藤波貴久は開幕戦を5位で終え、日本GPに向けて闘志を燃やしているようである。

 


【観戦情報】

トライアル世界選手権の観戦は装されたエリアから観戦可能なセクションもあり、気軽な格好での観戦も楽しめます。

岩盤や森の中のハードなセクションも有り、バリエーション豊かなセクションは見応え満点です。

8つのセクションで最前特設観戦エリアで観戦できるチケットや、5月27日(土)にMOTO GPも開催されるレーシングコースをご自身のバイクで走るサーキットクルーズ付きのチケット、ゆうえんちパスポート付きチケットや藤波貴久選手応援チケットなど、トライアル世界選手権を様々なスタイルで楽しむことができます。
チケット情報はこちらから
大会名称:2017 FIMトライアル世界選手権 第2戦 ストライダー日本グランプリ
開催日:2017年5月27日(土)・28日(日)
主催:一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ) / 株式会社モビリティランド
冠協賛:ストライダージャパン
公認:国際モーターサイクリズム連盟(FIM)

詳しい開催情報はこちら