1月6日にスタートしたダカールラリー2018は、ステージ2を終えここまでの2輪トップはホンダのバレダ選手。

2位にはヤマハのベヴェーレン選手が入り、ホンダ、ヤマハのファクトリーチームが上位を占める展開となっています。


ダカールラリー2018 2輪総合順位 (ステージ2終了時)
1位 JOAN BARREDA BORT(MONSTER ENERGY HONDA TEAM)
2位 ADRIEN VAN BEVEREN(YAMALUBE YAMAHA OFFICIAL RALLY TEAM)
3位 MATTHIAS WALKNER(RED BULL KTM FACTORY)
4位 MICHAEl METGE(MONSTER ENERGY HONDA TEAM)
5位 KEVIN BENAVIDES(MONSTER ENERGY HONDA TEAM)
6位 PABLO QUINTANILLA(ROCKSTAR ENERGY HUSQVARNA FACTORY RACING)
7位 SAM SUNDERLAND(RED BULL KTM FACTORY TEAM)
8位 XAVIER DE SOULTRAIT(YAMALUBE YAMAHA OFFICIAL RALLY TEAM)
9位 FRANCO CAIMI(YAMALUBE YAMAHA OFFICIAL RALLY TEAM)
10位 TOBY PRICE(RED BULL KTM FACTORY TEAM)

上位10台の中で、昨年の覇者KTM勢が3位、7位、10位。ホンダは1位、4位、5位。ヤマハは2位、8位、9位。そしてハスクバーナが6位という展開です。

最後の最後までどのような事になるのか分からないのでダカールラリーですが、ステージ2までの結果を見るとホンダとヤマハの勢いが例年以上に凄いですね。

2017年まで16連覇という偉業を続けているKTMの牙城がいよいよ崩れるかもしれません。

この後も要注目です!!

注目の日本人ライダーは風間晋之介選手(SPIRIT OF KAZAMA)が2輪総合52位で無事にゴールしています。