画像: タイムアタック×XC、新しいレースの形がスタート

マキシスカップとは?

2015年からスタートしたマキシスカップは、モトクロスコースを使ったタイムアタックと、クロスカントリー耐久レースの2ヒート制のオフロードレースです。
クロスカントリーは、初心者向けコースの1時間と、中上級者向けの2時間クラスが設定されますので、様々なレベルの方が楽しめる内容になっています。
第1ヒートはモトクロスコースを使ったタイムアタック。規定時間内なら何周走っても良く、1台づつタイム計測がされます。1周のタイムが良かった順に順位が付けられます。
第2ヒートはクロスカントリーコースを使った耐久レースです。各クラス一斉にスタートして規定時間(1時間・2時間)経過時点で周回数の多さで順位をつけます。
第1ヒート、第2ヒートの合計で総合成績が決まります。モトクロス系が得意なライダー、エンデューロ系が得意なライダー、それぞれにチャンスがあるという趣向です。
オフロードバイクの他、自動車や自転車など幅広いタイヤをラインナップするマキシスが冠についていますが、マキシスタイヤ装着車以外でも参加可能です。

画像: 2015年3月22日 マキシスカップ 第1戦 下市 youtu.be

2015年3月22日 マキシスカップ 第1戦 下市

youtu.be

マキシスカップ【開催日程】

第1戦 2018年4月29日(日)
山梨・クロスパーク勝沼
第2戦 2018年8月19日(日)
富山・コスモスポーツランド
第3戦 2018年9月16日(日)
奈良・ウッズモータースポーツランドしもいち
【クラス区分】
オープンA
タイムトライアル&2時間耐久
エンデューロレース上級者・モトクロスIB以上または主催者承認ライダー
オープンB
タイムトライアル&2時間耐久
上級コースを問題なく走れる。または上級コースにチャレンジしたいライダー
オープンC
タイムトライアル&1時間耐久
上記A/Bいずれにも該当しない方、またはレディースを含む主催者承認ライダー
いずれのクラスも車種、排気量の制限はありません。
【エントリー費用】
・タイムトライアル&1時間耐久 ¥9,500 定員100名程度
・タイムトライアル&2時間耐久¥12,500 定員100名程度
※いずれもオフィスアクションスポーツ安全保険(actionCARE)の別途加入必要。(年間2000円)

参加車両はモトクロッサー、エンデューロレーサーの他、ミラーなどを取り外し、テーピングをすればトレールマシンでも出場可能。
林道ツーリングしか経験が無いライダーの腕試しにも面白いと思います。
マキシカップの詳細とエントリーは以下のリンクからご覧ください。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ KTMのサイトはこちら ハスクバーナのサイトはこちら トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.