ハイエースは万能なトランポ。ショートボディなら、普段の足にもしやすいし、積載、宿泊もできちゃう。ただ、それだと味気ないし、家族やチームで動くならもう少し空間を拡張したいと思い始めるわけですよね。で、コースターかな…いや…普段使いできないからな…。

昔から、そんなライダーの望みをかなえてきたのは、トレーラーでした。トレーラーにバイクを積んで、ハイエースは部屋として使う。大遠征時なら、ハイエースの中にもバイクを積んじゃおう。あるいは、ハイエースではなく四駆で引っ張るのもイイ。

ここに紹介するのは、さらにライフスタイルを拡張してくれるキャンピングトレーラー。しかも、カワイイ。

バンライフ的デザイン

画像: バンライフ的デザイン

丸みを帯びたキューブ型のディティールと、カラーリング、程よいサイズ感で使い勝手に優れたデザイン。中は外見からは想像できない広さがあり、最大5人まで就寝可能。家族でキャンプする時にも十分なスペースがありますし、女性にもウケが良さそう。

単にキャンピングトレーラーと言うよりも、今ブームになりつつある「バンライフ」的なアイテムとしてとらえたいところです。

カスタマイズ可能な室内

Happier Camper HC1 Adaptiv™ Modular Interior Demo from Happier Camper on Vimeo.

キャンプ用、トランポ用、用途に合わせて、テーブル、椅子、ベッド、キッチンなどを好きなレイアウトにカスタマイズ可能。ガスリフト式サイドウィンドウとバーカウンターをつけたつけたモデルは、移動販売車としても便利そう。

牽引免許不要

画像: 牽引免許不要

乾燥重量は約500kg。普通自動車のパワーでも連結して牽引することができます。日本では750kg以下は牽引免許は必要ありませんので、運転は普通免許でOKです。

もちろん、バイクも積んでいける

画像: もちろん、バイクも積んでいける

バイクを積載して運ぶことも、もちろん可能。おしゃれで快適なトランポを探している方には、これ以上ないアイテムですね。もちろんバイクを下ろせばベッドルームに早変わり。

もっとバイクを身近に

毎週レースやフリーライディングを楽しんでいるコアなライダーのみなさんは、ハイエースに乗った瞬間にバイクモード(非日常)になり、ハイエースから降りた瞬間に日常に戻るのではないでしょうか。あまりにかけ離れた世界だからこそ、ライフスタイルとバイクのライディングが分断されてしまうもの。

だからこそ、ライフスタイル(日常)をバイク側(非日常)に寄せていって、よりバイクへ没頭できる状況を作り出してしまうことを、Off1編集部としては提案したいところです。このHappier Camperを提案しているHOPEsも、都心の生活(日常)と海・山などアウトドア(非日常)の両方をつなぎ・楽しむツールとして、このキャンパーをリリースしたそうですよ。

Happier Camper HOPEs
価格:¥3,100,000(税込)〜
【台数限定特価:¥2,800,000(税込)】
標準カラー:モハーヴェセージ、ビショップレッド、トバンガターコイズ、シルバーレイク、セコイアオレンジ、パシフィックブルー、マンモスホワイト
乾燥重量:499kg
トングウェイト:50kg
ボディ全長:305cm
全長(アーム含む):420cm
全幅:214cm
全高:227cm
車内幅:198cm
車内高:186cm
リアハッチ開口部寸法:幅140cm×高さ137cm
車内居住スペース面積:3.9㎡

HC1 - Ultralight Travel Trailer from Happier Camper on Vimeo.

Happier Camper Japan静岡
所在地:静岡県御殿場市神山896-4
電話番号:0550-87-8155
営業時間:10:00〜20:00
定休日:水曜

Happier Camper Japan愛知
所在地:愛知県一宮市末広2-29-11
電話番号:0586-45-2521
ショールーム
営業時間:9:30〜19:00
定休日:月曜
サービス
営業時間:9:30〜18:00
定休日:月曜・祝日

取り扱い
Happier Camper HOPEs
電話番号:03-5752-8877

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.