18モデルでモトクロッサーRM-Z450がフルモデルチェンジ。そうなると、世界的に1年遅れで250がモデルチェンジするのは定番ってことで北米でオールニューのRM-Z250が公開。

画像: スズキRM-Z250オールニューで19デビュー、パワー&レスポンスに自信ありか

RM-Z450を踏襲、コイルスプリングを採用

画像1: RM-Z450を踏襲、コイルスプリングを採用

今回のリリースは、ティザーに近いおおまかな公開にとどまったもの。スタイリングに関しては、スズキの旗艦RM-Z450を踏襲していて、フレーム・スイングアームに関してもほぼ同じスペックに見受けられる。サスペンションはPSFからコイルスプリングに変更、RM-Z450のSHOWA BFRCとは異なり明記されていないもののKYB製と判断できるもの。

画像2: RM-Z450を踏襲、コイルスプリングを採用

18 RM-Z450は、ホイールベースが10mm旧モデルから短縮。軽量化(18 450では、フレームで700g、スイングアームで100g)も含めて、大幅にコーナリングでの戦闘力を向上していたことを鑑みて、このRM-Z250も同様の進化を遂げているはず。

画像3: RM-Z450を踏襲、コイルスプリングを採用

最も効果を体感しやすいライダーインターフェースは、450にならえば旧モデルよりもスリムになっている。

トラクションマネジメントシステムの進化に期待

今回のリリースで特記されているのは、エンジンの全域でのパワー向上とスロットルレスポンス改善。これまでも、6メーカー中でパワーが出ていると評価されていたRM-Zにさらに火力をアップ。これに加えて、トラクションマネジメントシステムがバージョンアップ。18モデルのRM-Z450に関しては

2008年モデルのRM-Z450に初搭載されたトラクション・マネージメント・システムは、2013年モデルで第2世代システムに代わり、2018年モデルでさらに進化を遂げた第3世代システムとして登場。最新型ECUは、初期型システムに比べ1.6倍のデータ処理解析と2.5倍のメモリ容量を備える。

とリリースされており、同様の進化が見込まれる。詳細は、9月にお目見えする予定。

19MY RM-Z450

画像: 19MY RM-Z450

2年目になるRM-Z450のL9世代。ニューフィーチャーは発表されていない。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.