林道ツーリングで出会い、結婚してからトランポを買ってレースにも参戦するようになったという中村康弘さん、華織さんご夫妻。最近は知り合いに誘われて出てみたクロスカントリーレースWEXやサーキットエンデューロなどに参戦し、オフロードバイクライフを満喫されているご様子。

画像: 「トランポのおかげでオフロードバイクの世界が広がったー中村夫妻ー」ダートバイク・プロフィール presented by OGUshow

旦那さんの康弘さんはYZ250FXとWR250Rの2台持ち。奥さんの華織さんはCRF125Fでレースを楽しんでいます。
「速くはないのですが、自分の限界に挑戦しています。自分に負けないように時間いっぱい頑張れるのが好きですね。あとはレースを通じて色々なところに行くことができるのが楽しいです。新潟県のシーサイドバレー糸魚川は本当に景観がよくて、コースも好きでしたね。レースはツーリングよりも奥が深くて、トランポを買ったことでバイクの楽しみが広がりました」と康弘さん。

思い出のレースはWERIDE三宅島エンデューロ。2017、2018と続けて参戦し、2018年には奥さんも一緒に参戦したという。「普通の生活の中ではあまり会うことができない、いろんな地域の人たちと一緒にお泊まりできるのが楽しいですね。大人の修学旅行とでも言いますか。2017年は観戦だけだったのですが、レース後にみんなでコースを振り返りながらお酒を飲めるのが羨ましくて、2018年は自分でも走ってみようと思いました」と華織さん。

中村さんに直撃インタビュー!

画像: 中村さんに直撃インタビュー!

名前:中村華織
出身:埼玉県
今までで最高の体験:新婚旅行でオフロードバイクで北海道の林道を走ったこと!
悩み:体力が無い( ;∀;)
マイブーム:8の字練習
一番苦手なこと:ウッズのヒルクライム
過去最大のピンチ:林道走行中に転んで、右膝を怪我。手術、入院するも膝が曲がらず、バイクのステップに足を置けない。一年間バイクに乗れませんでしたが、涙のリハビリでなんとか乗れるようになりました。
生まれ変わったら何になりたい?:キャメロン・ディアス
今までの人生にタイトルをつけるとしたら?:人生ゲーム あがり無し
無人島に持って行くモノ:ろ過機能のついたハイドレーション
いまトランポに望んでいるモノ:CRF125F、YZ250FXの2台積み
将来乗りたい車:JEEP
最初に買ったトランポ:NV350
使っているオグショー製品:内装の床
そのオグショー製品はどんなところが便利ですか?:床が丈夫!掃除しやすい!見た目が高級!

そのまま水洗いでき、エアマットを敷けば眠れる

画像1: そのまま水洗いでき、エアマットを敷けば眠れる

NISSANのNV350キャラバンが最初のトランポという中村さん。オフロードバイクを積むとどうしても泥汚れや油汚れが気になりますが、このまま水洗いもできて綺麗な状態を維持しやすいのが気に入っているとのこと。

「この車を買ってから普通のキャンプをしなくなっちゃいましたね。車内が広々と使えて、床がフラットなので寝やすいですし。車中泊が本当に楽なので、カーキャンプになっちゃいました」と華織さん。

画像2: そのまま水洗いでき、エアマットを敷けば眠れる

また、キャラバンは後部座席が分割できることから、フルサイズを2台積みするときは両シートを、フルサイズとミニモトの2台積みなら片側だけを跳ね上げて、用途に応じて使い分けることができるのもポイント。跳ね上げたシートの下に車輪止めを設置して使っています。

中村さんのトランポの詳細は、こちら!

中村さんのように、「もれなく」あなたを紹介します!
下記申し込みフォームから、ご応募ください!!

※オグショー製(フック1個でもかまいません!)パーツ、トランポのオーナーに限ります
※地方の方も、ご応募下さい! 日本全国を取材でかけめぐる編集部が、都合つく日をみつけて取材にかけつけます!!

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.