パリ=ダカールラリー時代から、ダカールにチャレンジする女性は少なくはない。特に、この数年は女王ライア・サンツが男性に混じってシングルクラスの戦いを演じていることもあるし、日本でもダカールに向けて黙々と準備を続けている女性ライダーがいる。こちらは、ラリー界で知られたウィメンズ、アナスタシア・ニフォントヴァだ。

PHOTO/Flavien Duhamel/Red Bull

ロシア出身、レッドブルアスリート

ロシアにおいて、唯一の女性ラリーライダー。モスクワ出身のラリーストであるアナスタシアは、2018年1月19日つまりダカールが終わってすぐに40歳になる。一人娘は、現在15歳だ。

キャリアをスタートしたのは1999年、男性陣の中で成長してきた彼女だが、2010年に初のライリーレイドに参戦した。

画像: 現2019年のダカールを走る、アナスタシア

現2019年のダカールを走る、アナスタシア

2014年には世界戦へデビューし、ウィメンズカップで2位に輝いた。また、同年ダカールの裏レースとして知られるアフリカエコレースをフィニッシュ。2017年にはラリー世界戦のタイトルを奪取し、さらにダカールを初完走。ロシアンラリーの歴史に、刻まれる名となったのだった。

アスリートとして、本物であり影響力を持つ者しか、その枠に入ることができないと言われているレッドブルアスリートの一人。

画像: ロシア出身、レッドブルアスリート

現在おこなわれているダカールラリーのステージ2では、ナビゲーションでトラブル、タイムロスをしてしまった模様。

キュートでライダーなインスタグラム

View this post on Instagram

С Днём России я много путешествую по миру, причём не по классическим туристическим маршрутам и есть места на планете, которые мне очень нравятся, прям до мурашек, но почему-то, несмотря ни на что я всегда испытываю неподдельную радость возвращаясь домой в Россию, в Москву. У меня есть друзья, которые уехали жить в другие страны по тем или иным причинам, я их выбор понимаю и уважаю, но лично для себя пока что не вижу никакого другого места для жизни. Здесь мое все! Здесь все ужасы и радости нашего «городка» которые составляют ритм и смысл жизни. Я русская и я горжусь этим! P.s. Когда на подиуме включают гимн России, то я всегда с трудом сдерживаюсь, чтобы не расплакаться вот такая я сентиментальная #toyotateamrussia #redbull_rus #motul #yakhnichathlete #nifontova #яжмать #россия

Anastasiya Nifontovaさん(@nifontova13)がシェアした投稿 -

自らの挑戦し続ける姿と、キュートな姿が同居するインスタグラムは現在18000人がフォロー。

ブログも人気だ。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.