オフロードパークSHIRAIはトライアルIASライダー小川毅士選手が管理人を務めるトライアルパークです。しかし近年では他では経験できないロックセクションや難易度の高いヒルクライムが人気を呼び、トレール・エンデューロライダーも多く訪れるようになってきています。

トライアル練習スペース第5エリア

画像1: トライアル練習スペース第5エリア

イベントなどでもよく使われるのは「第5」と呼ばれる広場。壊れたバスが置かれているのが目印です。周辺に点在する巨大な岩はすべて自由にアタックが可能。もちろん自己責任です(笑)。

画像2: トライアル練習スペース第5エリア

こちらは昨年12月に開催されたBETA OFFROAD PARTYの様子。初球から上級まで色々なセクションがありますので、どんなレベルのライダーでも練習になりますね。

画像3: トライアル練習スペース第5エリア

もちろんエンデューロバイクでもチャレンジできます。

パドックから第5エリアまでの移動路ヘルカメ

 

白井名物、ガレ沢も練習にちょうど良い

画像: 白井名物、ガレ沢も練習にちょうど良い

一時期、エンデューロライダーの間で盛んに走られていた「白井の沢」。しかし最初は難所とされていたここもいつしかただの通路になっていて、常連のエンデューロライダーたちは更に上のヒルクライムや、より難易度の高い「スパルタンロック」と呼ばれるロックセクションにアタックしています。

こちらでは沢を走った動画を掲載。

アタックできるヒルクライムが多数

画像1: アタックできるヒルクライムが多数

第5エリア周辺にはこのような岩盤が多数。自分でラインを探して自由にアタックできます。見た目は怖いですが、実は白井の岩盤は転んでも岩が削れるため、マシンへのダメージは少ないとのこと。

画像2: アタックできるヒルクライムが多数

沢を登って奥まで行くとこんなヒルクライムもあります。

シャワー・水洗トイレ完備

画像: シャワー・水洗トイレ完備

オフロードコースで心配なのがトイレ設備。白井ではウォシュレット付きもあり、清潔に使われています。また、事務所では電子レンジやお湯も使わせてもらえますし、更衣室やシャワーまで完備されています。

トライアルバイクのレンタルもできますので、初めてのトライアル体験にもオススメです!

駐車場の空ぶかし禁止

画像1: 駐車場の空ぶかし禁止

行くとわかりますが、オフロードコースとしては異例なほど民家が近くにあります。駐車場スペースでの練習や空ぶかしは禁止されていますので、注意。また、コースの中の移動路には公道を使用する箇所もありますので、ナンバーがついていない車両は押して移動するようにしてください。

画像2: 駐車場の空ぶかし禁止

オフロードパークSHIRAI
営業日:年中無休(不定期休業あり)
走行料:ビジターTR/ED:¥2,100/1日、他
所在地:〒300-4404 茨城県桜川市真壁町白井1569-1

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.