レーサーとしての2ストエンデュランサーにバランサーが組み込まれるという話を聞き、あまりにストリートリーガルに迎合しているのではないか…そう思ったあなたは、大きな勘違いをしている。このRR2Tに仕込まれた新規のバランサーは、現エンデューロ界きってのベータのエース、スティーブ・ホルコムが昨シーズン先行投入していたというのだから。

Beta
RR2T 250/300 2020年モデル

これがベータの考えるレーシングバランサーだ

画像1: これがベータの考えるレーシングバランサーだ

基本的に、今回のフィレンツェ試乗はマルチタレントなライダーである和泉拓が全モデルをインプレしているが、どうしても僕稲垣も興味があったこのバランサー入りRR2Tを、軽く乗らせていただいた。どこからでもトルクを引き出せる扱いやすさ、かき消された振動…。バランサーの入った2ストロークは、ある意味理想的なエンジンだ。振動がなくなっただけで、恐怖感をぬぐえるのだから興味深い。

画像: バランサーが追加された、ニュー250/300ユニット。基本設計は変更がない

バランサーが追加された、ニュー250/300ユニット。基本設計は変更がない

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.