画像: 「遥かなる大地へ向け、イタリアを経由した船の旅へ」 Real Race to DAKAR vol.2

1月4日(土) ステージ0 フランス
セレモニアルスタート・モナコ

2日間続いた車検も終わり、ラリーはいよいよアフリカへと向けてスタートした。競技車両はすべて、マントン市から約15km離れたモナコのパルクフェルメに一旦保管された。そして今日、多くの観衆が見守る中、午後7時からポディウムでのセレモニアルスタートが始まった。

イタリアから地中海の船旅

その後、参加者は約2時間のリエゾンでイタリアのサボナ港まで移動。そこからフェリーでモロッコのタンジェに向かう2日間の船旅だ。本格的なステージはモロッコから始まる。

画像: エキップスガワラのサポートカー。スペアパーツ等の資材でハイラックスが満載
エキップスガワラのサポートカー。スペアパーツ等の資材でハイラックスが満載

弾丸ママの周到な戦略

2輪参加者のひとり、増田まみにとって、このラリーは単なる思い付きのチャレンジなどではない。1990年前後に、日本でも盛んにTV放映されていた「パリダカ」に憧れ、モトクロス、アドベンチャーレース、マウンテンバイクと歩んできた競技者人生の、ひとつのゴールとしてダカールラリーへの参戦を志してきた。4人の男子の母親は、子育てをしながら、ダートバイク競技復帰し、この数年間、エンデューロ、ラリーに真剣に取り組み、一歩一歩、パリダカのスタートラインに近づいていった。小柄な体躯。ラリーバイクを乗りこなすために、筋力アップだけではなく、体重を10キロ増やした。さらに、使用するBetaのラリーマシンは、2019年にイタリアのサルディニアラリーに出場した実車だ。それによってマシンの特性も完全につかんでいる。準備は整った。

画像1: 弾丸ママの周到な戦略
画像2: 弾丸ママの周到な戦略

上の写真は増田のBeta RR4T430をベースにしたラリーマシン。イタリアのチームによる製作で、非常に高い完成度。「スリムでエンデューロバイクと変わらず乗りやすい」。増田は、同型の430で日高のエンデューロにも出場するなど、このラリーに向けて調整を続けてきたのだ。

セレモニアルスタート

モナコのポディウムでのスタートシーンは、このラリーが、参加者それぞれらとっての「夢の舞台」であることを強烈に印象づける。これから長く困難な道のりが始まる。ラリーはついにモナコを後にした。

画像: Africa eco race 2020 モナコをスタート youtu.be

Africa eco race 2020 モナコをスタート

youtu.be
画像: モナコのパルクフェルメ

モナコのパルクフェルメ

画像: 昨年の勝者、アレッサンドロ・ボットゥーリが一番にスタートした

昨年の勝者、アレッサンドロ・ボットゥーリが一番にスタートした

画像: モナコのポディウムで杉村晋吾と増田まみ

モナコのポディウムで杉村晋吾と増田まみ

※1/5~1/7までフェリーでの移動で通信環境がないめた更新が行われない場合があります。どうかご容赦ください

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.