画像1: バイク1台分のサイズから選べる、ハイグレードなプライベートガレージ

オートバイのプライベートガレージとしての利用も多いイナバ物置から、デザイナーズガレージARCIAが発表。フランネルグレーの外壁、シャッター、屋根部のシルバー、グレーの落ち着いた塗装で、家屋との調和を保ちながら、上品かつクールなデザイン。よりグレードの高い、自分だけの城をもちたいあなたにピッタリ。

最小で、3.2×5.8m

DR-3157HPA
¥1,122,000(税抜)
たとえば、オフロードバイク1台をゆうゆうと整備したい、というニーズにはこのサイズ。これだけあれば、しっかりエアツールを持ち込んでメンテナンスができそうだ。

DR-3157HPA-2
¥1,977,000(税抜)

トランポも一緒に格納したい、あるいはコレクションを何台も保管したいあなたには、コチラ。開口部2118mなのでハイルーフは難しいが…

DR-3162JPA-2
¥2,133,000(税抜)

ハイエーススーパーロングもゆったり収納できる奥行き、間口の高さを持つ最大サイズもラインアップ。

画像: デザイナーズガレージ ARCIA イメージ動画 youtu.be

デザイナーズガレージ ARCIA イメージ動画

youtu.be

ビンテージバイクのコレクションを所有するあなたや、パパファクトリーを展開するお父さんなどに、オススメしたい。もちろん、100人乗っても大丈夫。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.