オグショーではキャラバン、ハイエースに装着可能なワンフリップベッドを販売していましたが、助手席側のみでした。しかし、今回新たに運転席側も選べるようになったんです。バイクを左右どっちに積むかは人それぞれですが、自分の積み方に合わせてベッドの配置ができるのは嬉しいですね。

オグショー
ES ワンフリップベッド

画像: 写真は助手席側にベッドを装着

写真は助手席側にベッドを装着

価格:¥121,000(税込)
適合車種(キャラバン):NV350キャラバン プレミアムGX(ライダー バン プレミアムGX、トランスポーターベース車を含む)
適合車種(ハイエース):200系ハイエース S-GL標準ボディ(※トヨタモデリスタ MRT には適合しません)

価格:¥132,000(税込)
適合車種:200系ハイエース S-GLワイドボディ(※トヨタモデリスタ MRT には適合しません)

画像1: 運転席側、助手席側あなたならどっちにつける?
ベッドを装備してもっと快適に

ベッドを展開してもこれだけのスペースが空くので隣にバイクを置いたまま横になれます。

画像2: 運転席側、助手席側あなたならどっちにつける?
ベッドを装備してもっと快適に

走行中跳ね上げたベットがガタつかないようにベルトが付いておりしっかり固定できます。

画像3: 運転席側、助手席側あなたならどっちにつける?
ベッドを装備してもっと快適に

ベッドを跳ね上げればこの通りスリムに収まります。タイヤハウス間のスペースもほぼ活用できるように設計されている所もポイントです。

画像4: 運転席側、助手席側あなたならどっちにつける?
ベッドを装備してもっと快適に

ベッド脚も容易に格納・展開できるワンタッチ機構を採用。容易的でありながらレバーを操作しない限り脚が動かない安心設計です。

ちなみに…オグショーとOff1.jpがタッグでとりくんでいる、ダートバイクプロフィールをご存じですか?

社会人なら名刺を持っているもの。でも、趣味のダートバイクに関しては「自分はこんな人です」って紹介できるものは、なかなか持っていないのが現実。たとえば、弊webで紹介された記事を送ったり、SNS上でシェアすれば「こういう活動してる人なんだ」ってわかりやすいですよね。

そこで、今回トランポプロショップのオグショーの協力を得て、オグショーユーザーなら誰でもOff1.jp上で紹介するという企画を遂行中です。オグショーのちょっとしたパーツでもOK、Off1.jp編集部がレース・イベント会場(時にはご自宅)で直接取材にお伺いして掲載するという仕組み。

オグショー代表の小栗氏は「この企画を通してオフロードバイクが、オフロードバイク業界外へ広まっていき、オフロードバイクの社会的地位向上につながって欲しい」とのこと。

パーツ1つオグショー製品をもっていれば掲載できます! ぜひ、アンケートにお答えください!!

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.