日本のハードエンデューロを文字通り支えるiRCタイヤが、またまた新しいタイヤをドロップ。去年追加されたM5B EVOのフロントだ。

iRC
M5B EVO(フロント)
サイズ:80/100-21 51M
タイプ:WT

正直ハード用のタイヤがたくさんありすぎて「もうよくわからない」という人に向けて簡単に説明すると、このM5B EVOはかなり用途を限定されたタイヤだ。しかしその限定されたシチュエーションでは驚異的な力を発揮する。もともと120と140の2サイズがラインナップされるリアタイヤ。特に140サイズはマディコンディションのレースやヒルクライムでその力を発揮するとされている。

そのフロント版という今回のタイヤはサイズは80/100-21 51Mと発表。これまでエンデューロライダーがチョイスするiRCのフロントといえばiX-07sが圧倒的な人気を誇り、ついでiX-09w及びiX-09w GEKKOTAのほぼ3択だったが、そこにさらにこのM5B EVOが加わることになる。

それでは、どういう時にこのフロントをチョイスすれば良いのだろうか。

というのがG-NET V6チャンピオンの見解。マディの日のJNCCやJECではiX-07sの代わりに、ガレや岩、根っこなどよりもヒルクライムや土路面が多めのハードエンデューロではその威力を発揮してくれるのではないでしょうか!?

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.