当日受付、競技ライセンス不要、車検なし、自己採点のゆる〜い草トライアル大会が開催。トライアル「ミーティング」の名前が示す通り、肩肘張らずに楽しめる大会だ。

草トライアルならではのゆるさが初心者にも優しい

画像1: 草トライアルならではのゆるさが初心者にも優しい

会場は山梨県、道志の森キャンプ場。都内や神奈川在住なら、キャンプ場として利用したことがある人もいるだろう。ヒルクライムや沢、土の斜面、木の根、ロックなど様々な種類のセクションが設けられる。何よりトライアル場でない場所で開催できるのが新鮮で、他のオフロードバイク競技に比べて地形に優しいトライアルだからこそできることだろう。

画像2: 草トライアルならではのゆるさが初心者にも優しい

大会は自己申告で、およそ国内A級から国際B級が対象の上級Aクラス、国内B級程度の中級Bクラス、初心者やシニア向けの初級Cクラスの3つが設定されている。セクション数は13の2ラップ。どのクラスでも走るセクション自体は同じだが、初心者の人も心配しなくていい。クラス別に走るラインを規制カードで分けているし、Cクラスの数ヶ所は単独のセクションになっているので安心だ。

画像3: 草トライアルならではのゆるさが初心者にも優しい
画像4: 草トライアルならではのゆるさが初心者にも優しい

大会の形式をとっているのでもちろん表彰式もあり、ここでの賞品が抽選となっているのがミソ。成績上位者だからといって高価なものを獲得できるとは限らず、大いに盛り上がるのだ。

画像5: 草トライアルならではのゆるさが初心者にも優しい

運営をするのは神奈川県のトライアルクラブ、横浜シルバーウイングだ。このイベントも1989年から毎年開催され、今年で31回目になる。毎年60人〜90人が集まり、女性や若いライダーの参加もあるそうだ。

現在、道志村周辺の国道413号周辺は台風の被害で、相模原・津久井方面からの通行は規制されている。影響のない国道20号藤野駅か、山中湖、都留市方面から行くのがおすすめ。

YSW道志の森クリスマストライアルミーティング

開催日:2019年12月15日(日)
場所:道志の森キャンプ場 山梨県南都留郡道志村下善之木10041
参加費:¥4,000(キャンプ場駐車料、走行料、昼食含む)
申し込み:当日午前8時より受付

問い合わせ:横浜シルバーウイング 坂井
MAIL:fwin0109@mb.infoweb.ne.jp

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.