画像: これならサスペンションの油面をセッティング「したく」なる…かも

サスペンションをイージーにセッティングできるのは、ノッチだけじゃない。若干手間だけど、油面も有効なセッティングポイントだ。片手でサスを支えつつ、油面を計測・調整できるDRCのオイルレベルゲージがかなり捗りそう。

ツールがあるだけで思い立ったときにすぐ作業ができる

油面を測って、調整という作業が1工程で可能、かつ片手で行えるというのがありがたい。

画像: DRC フォークオイルレベルゲージ youtu.be

DRC フォークオイルレベルゲージ

youtu.be

サスペンションのストローク量の計測にはこれ

ストローク量の計測には、輪っか状のストロークインジケーターが使いやすい。一回フォークを外して取付という手間はあるものの、一目でコースとの相性を把握できる。DRCのストロークインジケーターはフッ素ゴムで耐熱劣化に強い仕様。

画像: ストロークインジケーター:D59-37-248

ストロークインジケーター:D59-37-248

DRC フロントフォークオイルレベルゲージ

油面調整範囲は175mmまで。
品番: D59-37-190
価格: ¥2,420(¥2,200)

DRC ストロークインジケーター

インナーチューブ径Φ48mm~Φ49mm対応。

品番 : D59-37-248
内容 : 2本入り
カラー : グリーン
価格 : ¥550(¥500)

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.