バイクにミラーは必需品だが、オフロード走行をすると転倒や接触でミラーが破損することも多い。
そこで重要になってくるのが、ミラーの強度や、折り畳める利便性なんだが…ガッチリと固定できて、しかも自由に動かせる「RAMマウント」を利用したミラーが日本に上陸した。すでに2009年に米国で発売以来、ツアラーやラリーストから絶大な人気を誇っている。

※RAMマウントは、米軍でも採用されている近年注目を集めるマウントパーツで、ボールとそれを挟み込むホルダーで構成されるもの。

DOUBLETAKE MIRROR
アドベンチャーミラー

画像1: DOUBLETAKE MIRROR アドベンチャーミラー

品番:DTM-A
価格:¥4600(税抜)※片側単品の価格
鏡面寸法:135mm×90mm 保安基準面積保有
全長:175mm SAE-SPEC凸面鏡RAMマウント1インチボールサイズに適合

画像2: DOUBLETAKE MIRROR アドベンチャーミラー

ミラー視野も3タイプの中では最も広く、とても見やすい形状。アドベンチャーバイクのエッジの効いたデザインにマッチする。見ての通り、RAMマウント部分がかなり目立つ仕様だが、その分がっちり固定。ありがちな「根元が緩んでて、ミラーが使えない」煩わしさからも解放されるはず。

RAMマウントの規格では、1インチボールに対応。

RAMマウント特有の可動域の広さで、様々な位置セッティングができる。もちろん、コースを走る際にすっきり収納することも可能だ。

DOUBLETAKE MIRROR
エンデューロミラー

画像1: DOUBLETAKE MIRROR エンデューロミラー

品番:DTM-M
価格:¥3800(税抜)※片側単品の価格
鏡面寸法:直径100mm 保安基準面積保有
全長:215mm SAE-SPEC凸面鏡RAMマウント1インチボールサイズに適合

画像2: DOUBLETAKE MIRROR エンデューロミラー

視野も走行には問題ない広さで、街乗り用としても有能。ミラーを頻繁に折り畳み操作を行う場合や、折り畳んだ状態で走行する時間が長いシーンに便利そうだ。こちらも1インチボールに対応する。

画像3: DOUBLETAKE MIRROR エンデューロミラー

DOUBLETAKE MIRROR
トレイルミラー

画像1: DOUBLETAKE MIRROR トレイルミラー

品番:DTM-TW
価格:¥3800(税抜)※片側単品の価格
鏡面寸法:直径50mm SAE-SPEC凸面鏡

※保安基準を満たしていないため公道での使用不可(円形のものは直系94mm以上、ただし平成19年1月1日以降に製造された全ての車両、及び平成17年1月1日以降に型式を認定された全ての車両に適用する)

画像2: DOUBLETAKE MIRROR トレイルミラー

視野は3タイプの中でも最も狭い、サブミラーとしての利用を想定した商品。22.2mmのハンドルバーに取り付けできる。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.