最近、ミシュランのタイヤがいいってよく聞きます。エンデューロでもシェアを拡大していて、モトクロスの「スタークロスシリーズ」ではハードからサンドまでラインアップも豊富、各々のレンジも広いのがいいとか。というわけで、好評につきミニモトサイズも新たにラインナップされたそうですよ!

MICHELIN StarCross 5 MEDIUM/SOFT

画像: こちらがミディアム。ウェットからハードまで対応する、レンジの広さが魅力。こちらがいわゆるスタンダードなタイヤになりますね

こちらがミディアム。ウェットからハードまで対応する、レンジの広さが魅力。こちらがいわゆるスタンダードなタイヤになりますね

画像: ソフト。マディ時に威力を発揮、ブロックに設けられたサイプが、酷なシチュエーションでもグリップしてくれそう

ソフト。マディ時に威力を発揮、ブロックに設けられたサイプが、酷なシチュエーションでもグリップしてくれそう

販売日:2020年4月2 日(木)
価格:オープン
サイズ:90/100-14 M/C 49M TT、90/100-16 M/C 51M TT(リア)
   :70/100-17 M/C 40M TT、70/100-19 M/C 42M TT(フロント)
適応車種:CRF150R、YZ85、KX100、RM85L、CRF125F等
※チューブタイプ
※公道走行不可

19-17、あるいは16-15の85/150cc向けサイズで、2タイプを発売。特にミディアムは、多くのレースで対応できそうです。マディ時には、ソフトが吉。

MICHELIN StarCross 5 Mini

● MEDIUMと同じトレッドパターンを採用し、高いトラクションとブレーキング性能を発揮
●高い安全性と耐久性を兼ね備えているためコストパフォーマンスも良し

販売日:2020年4月2 日(木)
価格:オープン
サイズ:2.50-10 M/C 33J TT(フロント/リア)
   :2.50-12 M/C 36J TT、60/100-14 M/C 29M TT(フロント)
   :2.75-10 M/C 37J TT、80/100-12 M/C 41M TT(リア)
適応車種:CRF50F、DR-Z50、YZ65、CRF110F等

※チューブタイプ
※公道走行不可

こちらは50-65ccセグメント向け。スタークロスシリーズの、ミディアムと同じパターン。マシン差少ないカテゴリーなので、よりハイグリップなタイヤチョイスがモノを言いますよね。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.