モトクロスやエンデューロで、シェアを拡大し続けているアフターマーケットのホイール「TGR」に、専用ディスクガードステーが登場です。

TGR ディスクガードブラケットKIT

画像1: TGRホイールにも、ディスクガードを装備できる
画像: 装着画像(ディスクガードは付属しません)

装着画像(ディスクガードは付属しません)

価格:¥4,000(税抜)
カラー:レッド、ブルー、グリーン、ゴールド、オレンジ
※取り付けできるのは3点でマウントタイプのみ

対象車種
Honda:CR125/250R、CRF250/450R、CRF250/450RX、CRF250/450X等
Yamaha:YZ125/250、YZ125/250X、YZ250/450F、WR250/450F等
Kawasaki:KX125/250、KX250/450F、 KLX450R等
Suzuki:RMZ250/450、RMX450Z等
Beta:Xtrainer、RR2T/4T等
KTM・HUSQVARNA:アクスルシャフト22mm、26mmモデル

専用リペアパーツボルト・ワッシャー3個セット

画像: 専用リペアパーツボルト・ワッシャー3個セット

価格:¥1000(税抜)
カラー:レッド、ブルー、グリーン、ゴールド、オレンジ
内容量:3個入

フロントディスクは、もし曲がってしまったら、完走率はかなり下がってしまうところ。大きく曲げてしまえば、自走は不可能です。ディスクガードは、シチュエーションにもよりますが、できれば装着したアイテム。

ホイールと同じ色にするもよし、あえて違う色を選ぶも良し、組み合わせも選べます。ディスク周りのドレスアップにも。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.