転倒時の首へのダメージを軽減するアトラスのネックブレースに新色・ゴーストが登場しました。これで選べるカラーは2色に。あなたはどっちを選びますか?

ATLAS
ネックブレースエアー

画像1: ATLASのネックブレースが、ステルス性高い新色に

ゴースト(ホワイト)

画像2: ATLASのネックブレースが、ステルス性高い新色に

ナイトシフト(ブラック)

価格:¥42,000(税抜)
カラー:ゴースト/ナイトシフト
重量:580g
サイズ(胸囲):S(84~92cm)、M(94~104cm)、L(106cm〜)
付属品:ハイブリッドストラップ、交換用ショルダーパッド(トール)、マニュアル・保証書

ATLASの特徴

2ピース構造

画像4: ATLASのネックブレースが、ステルス性高い新色に

ATLAS独自の2ピースフレーム構造を継続して採用。フレームを左右に分割することで、ライダーの激しい運動にも確実に追従し、ブレースが暴れてしまうのを防いでくれます。同時にチェスト&バックサポートも左右に分割され、人体の中心、脊髄を避けるよう配置。転倒時の衝撃を脊髄から遠ざかる方向に誘導してくれるとのこと。

フレームモデルチェンジ

画像5: ATLASのネックブレースが、ステルス性高い新色に

2016モデルよりフレーム形状を一新。全体寸法は小さく、体への接触面積を広くし、さらにチェストサポートアームの幅を10mmから30mmへ変更。これにより転倒時の衝撃消散性能の向上、フィット感、一体感の向上に大きく貢献しています。

スマートマウントシステム

画像6: ATLASのネックブレースが、ステルス性高い新色に

バックサポート付根のアルミパーツを回転させることで、前後方向に±8mmの2段階、スプラインにより取り付け角度を変更することで10度単位で3段階、合計6種類のポジションからライダーに最適なポジションの選択が可能。さらに付属のショルダーパットを使用すれば、高さも2段階で調整できます。

EASYオープンリリースシステム

画像7: ATLASのネックブレースが、ステルス性高い新色に

2016モデルよりATLASブレースの全モデルに採用されたEASYオープンリリースシステムの形状を変更。プッシュボタン式とすることでより簡単にワンタッチで着脱が可能になりました。2018モデルはプラスチックからアルミ合金に素材を変更し強度アップ。ヘルメット着用時でもスムーズに取り付け可能。丸洗いができ、メンテナンス性にも優れています。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.