着替えを持って行ったり、温泉に行くとなると濡れた物を入れる袋がもう一つ必要になります。そんな時に役立つのがこのバッグ。ただ単にバッグが2つついているだけでなく使い勝手の良い工夫がされているんです。

DOPPEL GANGER
ULドライバッグプラス

画像: DOPPEL GANGER ULドライバッグプラス

価格:オープン価格
カラー:クリムゾン(レッド)
容量:ドライバッグ/12L、ランドリーバッグ/8L
耐水圧:2000mm

防水のドライバッグにメッシュのランドリーバッグがついたこのアイテム。何がいいかって言うと濡れた物、汚れた物を分ける事ができるんです。出かける時にはドライバッグに詰めて行き、走った後のウェアはランドリーバッグに入れれば、濡れた物と濡れていない物がこれ1つで分けられる優れもの。温泉に行くときにも活躍しそうですね。用途に合わせて連結・分離ができるのも嬉しいポイント。

画像2: 2in1のバックパックで解決。ウェアと着替えでバッグを分ける必要ナシ

ドライバッグ(12L)
耐久性に優れるCORDURA®社のシルナイロン素材を採用。防水性に優れているので濡らしたくない物を入れるならこっち。

画像3: 2in1のバックパックで解決。ウェアと着替えでバッグを分ける必要ナシ

ランドリーバッグ
ナイロンメッシュ素材を使用しているので中身もすぐわかります。濡れたものを乾燥させるにも便利。

使いやすさを支えるポイント

画像4: 2in1のバックパックで解決。ウェアと着替えでバッグを分ける必要ナシ

ロールトップ形状
バッグの入り口からの浸水をブロックするだけでなく、内容物(濡れたタオルなど)の水漏れも防止します。物の出し入れがしやすいように開口部は広くなっています。

画像5: 2in1のバックパックで解決。ウェアと着替えでバッグを分ける必要ナシ

プラスチックバックル
ドライバッグとランドリーバッグの着脱もバックルでラクラク。

画像6: 2in1のバックパックで解決。ウェアと着替えでバッグを分ける必要ナシ

2つまとめて連結可能
それぞれをまとめてロールアップできるので持ち運びにも便利。連結解除すればそれぞれ単体でも使用できます

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.