リエゾン134km、SS464km(当初の511kmから降雨による路面コンデション悪化により短縮)、計598kmで行われた第11ステージで、ついにKTMファクトリーのサム・サンダーランドが勝利。残り1ステージで総合1位のHondaファクトリー、ケビン・ベナバイズとの差を5分差とした。

画像: アル・ウラーからヤンブに向かう。

アル・ウラーからヤンブに向かう。

画像: デューンも含め、様々な路面が登場。トリッキーなナビゲーションもあり、難しいステージとなった。

デューンも含め、様々な路面が登場。トリッキーなナビゲーションもあり、難しいステージとなった。

沈黙を破ったサム・サンダーランド

これまでステージ優勝どころか、区間タイムでもTOP争いをするようなことはなく、人知れず安定した走行を続けて総合3位につけていたサムが、ここにきて本領を発揮した。同じKTMのダニエル・サンダースとともに、第1WPでHondaファクトリーを上回るタイムを叩き出し、勢いそのままに、後半さらにペースアップ。区間タイムを1位で通過しながら、総合1位のケビン・ベナバイズとのタイム差を徐々に縮め、ステージ開始時に10分あったタイム差を5分まで縮めることに成功した。

画像: 特に後半のデューンで速さを見せつけたサム・サンダーランド

特に後半のデューンで速さを見せつけたサム・サンダーランド

トラブル発生。苦戦するHondaファクトリー

昨日、ナチョの転倒によるリタイアがあったものの、総合TOP4位に3人のライダーが入り、これまでのステージでも抜群のスピードを見せつけてきたHondaファクトリーが、このまま総合優勝することを誰もが確信していた。

しかし、第1WPの区間TOPを出したのは、Hondaファクトリーではなく、ハスクバーナのパブロ・キンタニラ、続く第2WPではダニエル・サンダース、その後はサム・サンダーランド。第5WPで総合1位のケビンが一矢報いるものの、これまでのステージとは展開が異なった。

そして、ホアン・バレダが215km地点を過ぎた後、ミスコースにより給油ポイントをパスしてしまうミスを犯した。何らかのペナルティが発生することは確かであったが、その後、数km先でガス欠となり、動けなくなってしまった。

またリッキー・ブラベックについても、昨日のような軽快なペースではなかった。6分差でスタートしたケビンに中盤で追いつかれ、一緒にルートを切り開いてステージを終えたが、サムとの差を広げられてしまった。

画像: 協力して二人でルートを切り開く、ケビン・ベナバイズとリッキー・ブラベック

協力して二人でルートを切り開く、ケビン・ベナバイズとリッキー・ブラベック

総合優勝は誰の手に

明日はいよいよ最終ステージ。今日ステージ優勝したKTMファクトリーのサムがルートを切り開くことになる。先頭を走りながら、4分差を縮めることは簡単なことではなく、総合1位のケビンが有利の状況は変わらない。また最終ステージのSSは200kmと、これまでより短いステージで、タイム差を縮めにくい状況であることもHondaファクトリーにとって追い風となる。

ただ、今日のサムは圧倒的に速かった。この速さが最終ステージでも続くようであれば、十分に逆転する可能性もあり得る。最終ステージは15日(金)現地7:35(日本時間13:35)にスタートする。

ステージ11順位表(暫定結果)

順位ゼッケン#ライダーメーカータイムタイム差ペナルティ
15S. SUNDERLAND・GBRKTM4:33:180:00:000:00:00
22P. QUINTANILLA・CHLHUSQVARNA4:35:530:02:350:00:00
347K. BENAVIDES・ARGHONDA4:38:470:05:290:00:00
421D. SANDERS・AUSKTM4:41:500:08:320:00:00
552M. WALKNER・AUTKTM4:42:460:09:280:00:00
61R. BRABEC・USAHONDA4:45:090:11:510:00:00
715L. SANTOLINO・ESPSHERCO FACTORY4:48:220:15:040:00:00
811S. SVITKO・SVKKTM4:49:570:16:390:00:00
942A. VAN BEVEREN・FRAYAMAHA4:52:550:19:370:05:00
1087O. MENA・ESPKTM4:53:270:20:090:00:00

総合順位表(暫定結果)

順位ゼッケン#ライダーメーカータイムタイム差ペナルティ
147K. BENAVIDES・ARGHONDA20:58:550:00:000:02:00
25S. SUNDERLAND・GBRKTM21:04:020:05:070:00:00
31R. BRABEC・USAHONDA21:06:080:07:130:00:00
421D. SANDERS・AUSKTM21:32:530:33:580:07:00
59S. HOWES・USAKTM21:47:560:49:010:06:00
615L. SANTOLINO・ESPSHERCO FACTORY21:49:110:50:160:00:00
72P. QUINTANILLA・CHLHUSQVARNA22:00:031:01:080:00:00
842A. VAN BEVEREN・FRAYAMAHA22:25:251:26:300:20:00
911S. SVITKO・SVKKTM22:26:241:27:290:00:00
1031M. MICHEK・CZEKTM23:14:442:15:490:03:00

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.