2022年2月27日に「2022 Power Cross Round1 OFV」が開催決定。その仕掛け人は、なんとレジェンドの田渕武選手。モトクロスライダーもエンデューロライダーも、種目の垣根を越えて楽しめる内容となっています。クラスは全9クラス。モトクロッサーからスクーター、なんとママチャリクラスまで!

2022 Power Cross Round1 OFV

開催日時:2022年2月27(日)
会場:オフロードビレッジ(埼玉県川越市中老袋295-5)

募集クラス

Proクラス
競技時間:70分
エントリー費:¥13,000
ゼッケンベースカラー:赤
※MFJ現役IA、引退3年以内IA、JNCC AAクラス相当

ミドルクラス
競技時間:50分
エントリー費:¥11,000
ゼッケンベースカラー:黄

ジュニアクラス(8歳~13歳以下)
競技時間:30分
エントリー費:¥9,000
ゼッケンベースカラー:白

レディースクラス
競技時間:30分
エントリー費:¥9,000
ゼッケンベースカラー::ピンク
※女性限定。但し明らかに速いライダーはレギュラークラスへ

ママチャリクラス
競技時間:ショートコース2周
エントリー費:¥2,500
ゼッケンは主催者が用意
※ママチャリ限定(マウンテンバイク不可)
ライダーはモトクロスレース同様の装備が義務

エキスパートクラス
競技時間:70分
エントリー費:¥12,000
ゼッケンベースカラー:緑

ノービスクラス
競技時間:50分
エントリー費:¥11,000
ゼッケンベースカラー:白
※過去に他のレースで昇格経験がある方はエントリー不可

FUNクラス
競技時間:30分
エントリー費:¥9,000
ゼッケンベースカラー:白
※初心者からエントリー可能

カブ・スクーターectクラス
競技時間:20分
エントリー費:¥5,000
ゼッケンは主催者が用意

Proとエキスパートクラス参加者以外:ダブルエントリー可能。2クラス目は¥2000引き
Pro、エキスパート、ママチャリクラス以外:1台3人までのエントリー可能。2人目から1人¥5000

※Pro、ノービス、ミドルクラスはピットストップ3L給油義務となります

画像: 募集クラス

各クラス排気量制限なし。スタートは全クラス右肩タッチスタート(ノークラは左肩タッチスタート)と、スタートの差がつきにくく、多様なライバルとの走りを楽しむことができます。また、Proクラス入賞者には賞金が、Proクラス以外の入賞者には景品が用意されているとのことで、入賞に向けて気合いが入りますね。

Proクラスの参加者は「プロとしての自覚を養う」ために、ライダーズミーティング時にライダー紹介が行われます。各スポンサーのPRをするチャンス。ライダー紹介不参加の場合賞金権利は無くなるので要注意です。

暫定スケジュール
7:00〜8:30 受付
7:45〜 ライダーズミーティング、Proライダー紹介、協賛企業PR
8:30〜9:20 ミドル、ノービスクラスヒート1(50分)
9:40〜10:10 FUN、ジュニア、レディースクラスヒート1(30分)
10:30〜11:40  Pro、エキスパートクラスヒート1(70分)
12:00〜12:20 カブ・スクーターectクラス(20分)※レース時間変更の可能性あり
12:40〜12:50 ママチャリクラス(ショートコース2周)
13:00〜13:50 ミドル、ノービスクラスヒート2(50分)
14:10〜14:40 FUN、ジュニア、レディースクラスヒート2(30分)
15:00〜16:10 Pro、エキスパートクラスヒート2(70分)
16:30〜 表彰式

エントリー方法
エントリー期間:1月25日 9:00〜2/20 17:00
ゼッケンや受付完了通知:WEBでの通知(ツクツクポイント3%加算)
URL:https://tsuku2.jp/powercross
上記のPower CrossURLツクツクホームページからツクツク会員登録後、WEBチケット購入でエントリーが可能です。エントリーに伴い、オフロードヴィレッジが推奨しているスポーツ安全保険が加入必須となるのでその手続きもお忘れなく。

ホームページはまだ開いておらず、2月17日から見れるようになるとのこと。それまでのお問い合わせは以下まで。

問い合わせ先
Power Cross 事務局 田淵
TEL:080-6639-7788
メール:cfor8888@gmail.com

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.