予選・決勝で路面コンディションが大きく変わった全日本モトクロス選手権第2戦。オフロードヴィレッジにMXファン集結

D.I.D全日本モトクロス選手権第2戦 関東大会 腕時計専門店ベルモンドCUP
日時:2022年5月14日(土)〜15日(日)
場所:オフロードヴィレッジ

能塚が今季初優勝を飾ったIA1クラス

画像1: 能塚が今季初優勝を飾ったIA1クラス

2022年5月14日(土)〜15日(日)、埼玉県川越市にあるオフロードヴィレッジにて全日本モトクロス選手権第2戦 関東大会 腕時計専門店ベルモンドCUPが開催された。前日からの雨により土曜日はマディコンディション。予選はコースをショートカットして行われたが、決勝の日曜日は天気が一転し、午後には砂埃が立つほどのドライコンディションに。予選・決勝とライダーには路面の変化への対応力が求められた。

3ヒート制で行われた今大会。ヒート1は優勝候補の富田俊樹がスタート直後に転倒しトップ争いから離れる展開に。星野優位がオープニングラップを制しレースを先行した。後半、星野が能塚智寛に追い詰められる場面も見られたが、トップを守り切ってチェッカー。

ヒート2は富田がスタートから独走状態に。そのまま逃げ切るかたちでゴール。

ヒート3は大城魁之輔がホールショットを決め、レースを先行した。後方では富田と能塚が2番手争いを展開し、能塚が富田をパス。レース後半になると能塚と富田が大城を抜き、能塚/富田/大城の順番でフィニッシュ。能塚が今季初優勝を獲得した。

画像2: 能塚が今季初優勝を飾ったIA1クラス
画像3: 能塚が今季初優勝を飾ったIA1クラス
画像4: 能塚が今季初優勝を飾ったIA1クラス
画像5: 能塚が今季初優勝を飾ったIA1クラス
画像6: 能塚が今季初優勝を飾ったIA1クラス

ジェイ・ウィルソンが5連勝へ、IA2クラス

画像1: ジェイ・ウィルソンが5連勝へ、IA2クラス

30分+1周の2ヒートで行われたIA2。ヒート1は鴨田翔がホールショットから後続を離していく。開幕戦ではパーフェクトウィンを飾ったジェイ・ウィルソンはスタートに失敗し、追い上げの展開に。3度転倒を喫しつつも、最終的にはウィルソンがトップを走る鴨田をパスしゴール。2位となった鴨田は初の表彰台を獲得した。

ヒート2もウィルソンはスタートで出遅れる展開。ホールショットを決めた鈴村英喜がそのまま逃げ切る勢いを見せたが、徐々に距離を詰めてきたウィルソンが鈴村をパス。ウィルソンは開幕戦の3連勝から5連勝に記録を伸ばした。

メッシュスタート
金網を敷くことでスタート時のグリップ感や安定性を向上させるメッシュスタート。全日本モトクロス選手権初の導入ということで、多くのライダー達が練習を重ね、対策を万全にしてきていた。ただ、マディ時のメッシュスタートは滑りやすく、ライダー達を苦戦させる要因ともなった。

画像2: ジェイ・ウィルソンが5連勝へ、IA2クラス
画像3: ジェイ・ウィルソンが5連勝へ、IA2クラス
画像4: ジェイ・ウィルソンが5連勝へ、IA2クラス
画像5: ジェイ・ウィルソンが5連勝へ、IA2クラス

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.