各地でツーリングイベントが盛況だ。2000台を集めるSSTRを皮切りに、ツーリングの目的地を主催が設定し、ライダー達がそこにあつまって楽しむ。2010年代のライダーに必要なものは、「走りにいく場所」。

6/3(日)滋賀県朽木スキー場にて、Honda Dream近畿ブロックが開催した「Honda Dream Touring 朽木」もその例外ではない。ジャンルを問わず、様々な車種のHonda車が300台も集まり、爽やかに晴れた初夏のスキー場に彩りを添えた。オフロードイベントとしては、大成功だ。

Honda祭りと化した朽木スキー場

体験試乗会は、Honda Dreamイベントの1つとして行われ、参加者は、各々のツーリングの1つの目的地として会場に立ち寄る。オフロードバイクをレンタルで体験でき、ドリンクサービスが受けられて、昼食付きで、ゲームにも参加でき、たったの1000円。

Honda Dreamのスタンプラリーに参加していると、高いポイントがゲット出来る。

画像: このノリの良さは西部ならでは? 様々なジャンルのバイクが一斉に並ぶと圧巻。

このノリの良さは西部ならでは? 様々なジャンルのバイクが一斉に並ぶと圧巻。

午前中からライダーが来場し始める。集まってくるバイクを見て歩くだけでも充分楽しむことができる。バイクショップや展示会でもこれ程のHonda車を同時に見ることはなかなか無い。

画像: Honda祭りと化した朽木スキー場

注目の新コースで体験走行

画像: リフトの頂上までバイクで上がる事が出来る。眼下に広がる景色は登った者しか見ることができない。

リフトの頂上までバイクで上がる事が出来る。眼下に広がる景色は登った者しか見ることができない。

会場となった朽木スキー場は、今年の4月、初めてエンデューロ(オフロードバイクで山の中を走る)レースに使用され、開放的なロケーションとトイレなどの設備の良さで、注目されている場所だ。実はオフロードライダーにとって、今一番気になるコースと言っても過言では無いコース。

試乗コースは、初心者や、オフロード走行に不安のあるライダー用にフラットな周回コースと、中級者にはスキー場のリフトの頂上まで上がって降りてくるコースの2つ。頂上まで上がるコースは、難易度は高くないものの、尖った石が敷き詰められているような路面であるため、特に下りでは緊張感が走る。

画像: 試乗コースは、初心者用の小さな周回コースと、中級者向けのスキー場を上がるコースが用意された。

試乗コースは、初心者用の小さな周回コースと、中級者向けのスキー場を上がるコースが用意された。

モトクロスのトップライダー田中教世が試乗でアドバイス

体験走行の中級者向けのスキー場を駆け上がるコースを引率したのは、全日本モトクロス国際A級の田中教世(たなか・たかせ)。

画像: リフトの上まで行くコースを1日中引率した田中教世。

リフトの上まで行くコースを1日中引率した田中教世。

「下りではフロントブレーキを急にかけないようにしてください」「エンジンブレーキを使うと怖くないですよ」必要なタイミングでのアドバンスに頷く参加者。

画像: モトクロスのトップライダー田中教世が試乗でアドバイス

2016年で現役を退き、2018年4月Honda Dream 神戸三田店をリニューアルオープンした。「ロードのお客さんがほとんどです。オフロードのお客さんはまだ少ないですが、オフロードマシンの選び方や、ライディングのアドバイスもできますし、イベントもどんどんやっていきたいと思っています」人気のアドベンチャーバイク「アフリカツイン」を買うにも、オフロードのスペシャリストのいるショップなら、今後のバイクライフが充実したものになるだろう。

画像: 不安そうに試乗の順番待ちをする女の子たち。

不安そうに試乗の順番待ちをする女の子たち。

画像: 初めてでも楽しめるマシンが並んでいる。どれにする?

初めてでも楽しめるマシンが並んでいる。どれにする?

画像: エンジンのかけ方を教わり出発。

エンジンのかけ方を教わり出発。

画像: 「初めてなんですよ、オフロード」という男性もたくさん。

「初めてなんですよ、オフロード」という男性もたくさん。

画像: でもみんな余裕で帰ってくる。

でもみんな余裕で帰ってくる。

画像: 感想は言わずもがな。

感想は言わずもがな。

オフロード体験コーナーは常に順番待ち状態という人気ぶり。何度も乗ることが可能なので、様々な試乗車に乗り換えてトライする方も。

画像: 無事に帰って来られた!

無事に帰って来られた!

一番の盛り上がりはチャレンジゲーム

1本橋は落ちないでゆっくり走れた人の勝利。

画像: バイクが小さいのでかなり難易度は高い。

バイクが小さいのでかなり難易度は高い。

画像: クリア出来た人は僅か。

クリア出来た人は僅か。

画像: スタッフも身体を張る。

スタッフも身体を張る。

画像: 見てるだけでも充分楽しい。

見てるだけでも充分楽しい。

エンジンをかけないで、8の字は足で漕ぐ。小さいバイクを蹴って動かすのは見かけ以上にキツイ。

画像: デッドヒート。

デッドヒート。

画像: 女の子でも互角に戦える。

女の子でも互角に戦える。

楽しみのいろいろな形

参加者はツーリングを楽しむライダーがほとんどだが、その楽しみ方は様々。タンデムツーリングを楽しむ者もいれば、グループでのツーリングを楽しむ者、はたまた単独ツーリングを楽しむ者もいる。オフロード体験走行会であるからと言って、必ずしもオフロードを始めたい訳ではない。体験もまた、ツーリングの中に組み込まれた遊びの1つなのだ。ツーリングは自由にやったらいい。そしてイベントも自由に参加したらいい。遊び方のアイディアを頂戴して、そこで出会った仲間たちとまた新しいコミュニティを広げていくのが現代の楽しみ方ではないだろうか。

画像: タンデムツーリング中のご夫婦。

タンデムツーリング中のご夫婦。

会場横に流れている川で遊ぶ。

バイクが好きだ。

イベント情報、新車情報はこちらでチェック

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ KTMのサイトはこちら ハスクバーナのサイトはこちら トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.