ツアラテック ー世界中のアドベンチャーライダーが絶大な信頼を寄せるウェア&アクセサリーブランドとしてその名を知らない人は少ないだろう。その日本正規代理店「ツアラテックジャパン」が、オープン2周年を迎えた。

同ブランドを支えてきた前CEOのハーバート・シュヴァルツ氏が製品に込めた、自らの経験。次々に送り出されるヘビーデューティーなアイテムを日本に紹介するのは、やはり自らも「ハードコア」なアドベンチャーライダーとして知られる、ツアラテックジャパン代表の水谷太郎さんだ。

画像: 店内にはGSトロフィ参加マシンや国内ラリー仕様のマシンなども展示
店内にはGSトロフィ参加マシンや国内ラリー仕様のマシンなども展示

マジモンの冒険ライダー

「バイクは言葉や文化の壁も簡単にこえて、人生を豊かにしてくれるツール。アドベンチャーライダーたちには国境がないですね。そんな世界をもっと多くの人に楽しんでほしい」という水谷さんは、2014年のBMWインターナショナルGSトロフィ日本代表メンバーの一人。

日本での選考会を実力で勝ち抜くライディングテクニックの持ち主であるだけではなく、英語も堪能でコミュニケーション能力の高さも見込まれ、2018年には再びGSトロフィ(モンゴル)にプレス代表として参加し日本チームの活躍を支えた。また、2017年は「アフリカツイン・ノルドカップ」にも参加。そうした経験も踏まえた上で、水谷さんが「本物」として認めたのがツアラテックの製品というわけだ。

画像: キャンプサイトを模したディスプレイ。ここで寝ちゃった人もいるそうです
キャンプサイトを模したディスプレイ。ここで寝ちゃった人もいるそうです
画像: ハードエンデューロライダーの小松さん(左)、ラリー好きの店長清水さん、そして中央が水谷太郎さん

ハードエンデューロライダーの小松さん(左)、ラリー好きの店長清水さん、そして中央が水谷太郎さん

集いと出会いの場に

「ハードな旅になるほど良さが実感できる。だから自信を持っておすすめできるんです」。だが、水谷さんがツアラテックジャパンを設立したのは製品の優秀さだけが理由ではない。「冒険+バイク、その世界観を共有して、仲間を作れば、もっと楽しくなる」そうした出会いの場になってほしいというのが水谷さんの願いだ。あえて郊外にショールームを設けたのも、ツーリングやラリーイベントの拠点にするのが目的。広い駐車場では、パイロンを設置したライテク講習なども行っている。

画像: ツアラテックのウェアからプロテクションパーツまで、手に取って見ることができる。海外製品だけに、試着してから購入を検討できるのがうれしい

ツアラテックのウェアからプロテクションパーツまで、手に取って見ることができる。海外製品だけに、試着してから購入を検討できるのがうれしい

9/21-22は富士ヶ嶺で記念イベント

ツアラテックジャパンのオープン2周年を記念したキャンプイベントが、2019年9月21-22日に富士ヶ嶺オフロードで開催される。コマ図ツーリングやスキルチャレンジ、ヒルクライム大会など「走る系」のコンテンツのほか、海外ツーリング報告会、ツーリングパッキンクコンテストなども行われ、ガンガン走る人も、ゆっくり楽しみたい人も大歓迎。BMW公式イントラの山田純さんのスクール、コバユリさんのキャンプ講座も楽しみ。参加費用は1万円、申し込みは9月8日24時までとなっている。

画像: 9/21-22は富士ヶ嶺で記念イベント

 

ツアラテックジャパン

〒252-0157
神奈川県相模原市緑区中野988
TEL.042-850-4790
FAX.042-850-4792
OPEN.午前10時〜午後7時
CLOSE.毎週水曜・第1/第3火曜・イベント時

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.