セロー250ユーザーから、絶大な評価を受けている「パフォーマンスダンパー」が、YZ250FX用のラインナップを追加。特に、日本のエンデューロに取り組んでいるYZ250FXユーザーには、セッティングパーツとして大ヒットになる予感。

YAMAHA
パフォーマンスダンパー YZ250FX

37,800円(税込)
35,000円(税抜) 税率:8%

フレームの振動を抑制することで、オフロードに画期的に効く

画像1: フレームの振動を抑制することで、オフロードに画期的に効く
画像2: フレームの振動を抑制することで、オフロードに画期的に効く

実はこのパフォーマンスダンパー、数年前からヤマハ勢で実戦テストされていたものと見られる。前回のJNCC爺ヶ岳では鈴木健二も装着していた。

「ガレの直進安定性は上がりますね。フレームにしっかり感が出る。誰がつけてもわかると思いますよ。ただ、オプションパーツなんで、デメリットが無いとは言わない。軽快感を少しスポイルしますね」と鈴木健二。いわばステアリングダンパーに似たようなパーツとして、コースによって使い分けるのがよさそうだ。

ちなみにこのパフォーマンスダンパー、セローだけでなくSR400など様々なヤマハ車にラインアップされているのだが、各々内部のダンピングセッティングが異なる。だから、セローのダンパーをつけても同じことがおきるわけではなかったりする。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.