第94回 FIMインターナショナルシックスデイズエンデューロ・ポルトガル大会。11月11日のスタートを前に、日本代表のワールドトロフィチームの準備も佳境を迎えているが、今年は、代表チームとは別に、日本からクラブチームもエントリーしている。ここで、ISDEの参加クラスについておさらいしておこう。

画像: 毎年30か国以上が参加するモーターサイクルのオリンピックだ

毎年30か国以上が参加するモーターサイクルのオリンピックだ

最下位除外ルール

ISDEにおけるチーム成績は、チーム員のタイムの合計で決定される。ただし、ワールドトロフィチームとウイメンズトロフィチームでは、チームの中でもっとも成績が悪かったライダーのポイントが除外されるルール。そのため、1名がリタイアしても残っているライダーが頑張っていれば優勝することも可能だ。

画像: 600台のマシンが並ぶパルクフェルメ(車両保管場所) 写真はすべてISDE2017フランス大会から Masanori Inagaki

600台のマシンが並ぶパルクフェルメ(車両保管場所)
写真はすべてISDE2017フランス大会から Masanori Inagaki

ワールドトロフィチーム

4名構成で、3種の排気量クラスすべての車両に乗らなければならない。今回のチームジャパンは、最小排気量のE1を馬場大貴と渡辺学、中間排気量のE2を釘村忠、最大排気量のE3を前橋孝洋が担当する。最下位除外ルールが適用されるので、3名でもエントリーすることが可能だ。

ワールドジュニアトロフィチーム

当年の誕生日で23歳以下のライダー3名で構成。最下位除外ルールは無い。

ワールドウイメンズトロフィチーム

3名で構成。最下位除外ルールが適用されるので、2名でもエントリーすることが可能だ。

画像: 女子最強のオーストラリアウィメンズトロフィチーム

女子最強のオーストラリアウィメンズトロフィチーム

クラブチームクラス

1つの国。または1つのコンチネンタル(日本の場合はFIMアジア)に属するライダー3名で構成されるアマチュアのためのクラス。

マニュファクチャラークラス

メーカーのプロモーションのために設定されているクラス。3名で構成。同一メーカーの車両を使用。このクラスは、ワールドトロフィ、ワールドジュニアトロフィと重複してエントリーすることができる。

画像: ジョセップ・ガルシア(KTM)のようなファクトリーライダーはワールドトロフィチームと同時にマニュファクチャ―クラスにもエントリーしていることが多い

ジョセップ・ガルシア(KTM)のようなファクトリーライダーはワールドトロフィチームと同時にマニュファクチャ―クラスにもエントリーしていることが多い

インディビデュアルクラス

個人参加。ただし、他にひとつのチームも参加していない国のライダーに限られる。

3つの排気量クラス

エンデューロ1
 2ストローク 100cc‐125cc
 4ストローク 175cc‐250cc

エンデューロ2
 2ストローク 175cc‐250cc
 4ストローク 290cc‐450cc

エンデューロ3
 2ストローク 290cc‐500cc
 4ストローク 475cc‐650cc

画像: 前橋孝洋はもっとも厳しいと言われる最大排気量のE3クラスに挑む

前橋孝洋はもっとも厳しいと言われる最大排気量のE3クラスに挑む

カテゴリーと個人メタル

すべてのライダーは、3つの排気量クラスと、各カテゴリーに自動的に登録され、そこで「個人メダルアワード」の対象になっている。各クラスのトップの選手の成績から110%までのタイムで完走するとゴールドメダル、125%までがシルバーメダル、それ以下の完走者はブロンズメダルの対象になる。

カテゴリー1 ワールドトロフィとジュニアトロフィのライダー
カテゴリー2 ウイメンズトロフィのライダー
カテゴリー3 クラブチームクラスと個人参加のライダー 

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.