RSタイチが展開するアドベンチャー向けライディングギアシリーズは、Off1でも取り上げたところだが、そのコレクションに新たにライディングシューズが追加された。同じく高機能素材DRYMASTERが使われ、悪天候でも快適なライディングができる。

RS TAICHI
DRYMASTER コンバットシューズ

画像: カーキ

カーキ

品番:RSS010
カラー:ブラック/ホワイト、カーキ、スエードブラック、スエードブラウン
サイズ:23〜29cm(カーキ、スエードブラックは24〜28cm)(スエードブラウンは23〜28cm)
価格:¥26,800(税抜)
11月以降発売予定

防水と透湿機能を兼ね備えたDRYMASTERを使用。着脱に便利なBOAレーシングシステムのダイアルは、大型のM4タイプを新採用しており、グローブを装着したままでも簡単に脱ぎ履きができる。スエードブラックとスエードブラウンに使用している人工皮革素材クラリーノは、水に強く、手入れが簡単な高機能なもの。

画像: RS TAICHI DRYMASTER コンバットシューズ

悪路でのグリップに優れたTAICHIオリジナルの成型。さらに、ソールの色はアッパーのカラーリングに合わせて3種類設定している。

アドベンチャーツーリングとはいえ、ブーツとなるとどうしても降車した後が歩きづらい。日中はダートを走って、日が暮れる頃には街なかを観光したい、なんていいとこ取りはある種の理想形でもある。そんなシチュエーションにもってこいなのがこの一足ではないだろうか。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.