オフロードバイクにハマると、より走破性の高いレーサーに乗り換えたくなってくる。だが、そんなことを気にせず、セローやXRでレーサーをしのぐ達人が生息するのも、この世界の面白いところ。この日、関東屈指の難コース「オフロードパーク白井」に現れた達人は、CRF250Lに乗って現れた。

画像: 達人のCRF250L in 白井。撮影者・渡辺誉 www.youtube.com

達人のCRF250L in 白井。撮影者・渡辺誉

www.youtube.com

今日から始まる「達人のCRF250L」連載

実はこのCRF250L、オーナーでありトライアルIAの称号を持つ世利和輝が2019年初頭から暖めていたプロジェクトで、秘密裏に進められていたモノ。どちらかというと、ストリートでの使い勝手や高速性能の高いCRF250Lで、いかにオフを愉しむか…に焦点を当てたモノだ。ライバルであるセローに比べると、車両重量ではCRF250L 144kg・セロー 133kgとスタンダードで10kgほどの差があるのだけれど、実はかなり優秀なオフロードバイクでもある。上の映像をみていただければ、一目瞭然だろう。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.