via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

イラン情勢が気になるサウジアラビアで開催中のダカールラリーは、ステージ4が終わったところ。全12ステージの序盤を超えたといえるだろうか。ステージ2-3のループルートを使ったスーパーマラソンを終え、ステージ4ではいよいよサウジアラビアの内陸へ入っていく。

PHOTO/RALLYZONE

画像1: ダカール4日目、ホンダがトップ3を独占。浮き彫りになるホンダ対KTMの構図
画像2: ダカール4日目、ホンダがトップ3を独占。浮き彫りになるホンダ対KTMの構図

サンド路面が23%。標高も少し上がっているのが特徴だ。

ステージ3で飛び出した、HRC
アメリカンのリッキー・ブラベックが絶好調

ダカールラリーは、フランスで発祥したもので、現主宰A.S.Oもフランスのもの。ざっくり言うと欧州の色が強く、ヨーロッパ人にとっての未知のアフリカ大陸への憧憬をフックにしたイベントだ。あまり実感がないかもしれないけれど、オフロード大国のアメリカは、ダカールラリーに大きなアドバンテージを持っていない。もとい、アメリカ人がダカールで活躍することは多くはなかった(とはいえど、それはオーストラリアも同じだったが、ご存じの通りオージーのトビー・プライスは現世代のトップライダーと言えるだろう)。

画像1: ステージ3で飛び出した、HRC アメリカンのリッキー・ブラベックが絶好調

アメリカ人のリッキー・ブラベックが2019年に活躍したことは、センセーショナルなできごとだった。リッキー初のステージ優勝は2017年のことで、当然HRCの「勝ちを期待するメンバー」の一人なのだが、さらに2020年ダカールのステージ3で頭一つ飛び抜け始め、現実的タイトルに近づくリッキーのことを、注目せずにはいられない。

画像2: ステージ3で飛び出した、HRC アメリカンのリッキー・ブラベックが絶好調

このステージ3では、12番目のスタート順だったが、おちつきつつもプッシュし続け、アメリカのヘア&ハウンドなどで培ってきたトップスピードを見せ付けた。

これに呼応するかのごとく、ステージ3はホンダ勢の活躍が目立つ。ステージ順位2位にホセ・コルネオ、3位にケビン・ベナバイズ。4位からはKTM群が追随、マティアス・ウォークナー、トビー・プライスと続く。役者は、揃った。

ステージ3後、総合順位

19RICKY BRABECMONSTER ENERGY HONDA TEAM 202010H 39' 04''
27KEVIN BENAVIDESMONSTER ENERGY HONDA TEAM 202010H 43' 47''
  • 00H 04' 43''
32MATTHIAS WALKNERRED BULL KTM FACTORY TEAM10H 45' 06''
  • 00H 06' 02''
412JOAN BARREDA BORTMONSTER ENERGY HONDA TEAM 202010H 50' 06''
  • 00H 11' 02''
517JOSE IGNACIO CORNEJO FLORIMOMONSTER ENERGY HONDA TEAM 202010H 50' 23''
  • 00H 11' 19''
00H 01' 00''
61TOBY PRICERED BULL KTM FACTORY TEAM10H 51' 02''
  • 00H 11' 58''
00H 02' 00''
75PABLO QUINTANILLAROCKSTAR ENERGY HUSQVARNA FACTORY RACING10H 51' 41''
  • 00H 12' 37''
816LUCIANO BENAVIDESRED BULL KTM FACTORY TEAM10H 53' 24''
  • 00H 14' 20''
93SAM SUNDERLANDRED BULL KTM FACTORY TEAM10H 56' 14''
  • 00H 17' 10''
1010XAVIER DE SOULTRAITMONSTER ENERGY YAMAHA RALLY TEAM10H 58' 59''
  • 00H 19' 55''

ステージ3後の、総合順位。ウォークナーがホンダ勢の中で孤軍奮闘、6位トビー・プライスがここからの巻き返しを図る構図。

ステージ4、さらに進むホンダ優勢

ステージ4、単体の順位

117JOSE IGNACIO CORNEJO FLORIMOMONSTER ENERGY HONDA TEAM 202004H 24' 51''
27KEVIN BENAVIDESMONSTER ENERGY HONDA TEAM 202004H 25' 26''
  • 00H 00' 35''
318ROSS BRANCHBAS DAKAR KTM RACING TEAM04H 25' 46''
  • 00H 00' 55''
48PAULO GONÇALVESHERO MOTOSPORTS TEAM RALLY04H 27' 02''
  • 00H 02' 11''
59RICKY BRABECMONSTER ENERGY HONDA TEAM 202004H 27' 39''
  • 00H 02' 48''
61TOBY PRICERED BULL KTM FACTORY TEAM04H 27' 50''
  • 00H 02' 59''

ステージ4の順位から読み砕こう。ホンダの優勢は、さらに追い風。なによりも、コルネオが初のステージ優勝をこなしたことで、チーム全体の高揚感につながったはず。南米のケビンもそつなく上位に入っていて、リッキーも順当な位置につけた。勝負の分かれ目は、ラスト50kmほどの地点にあったとのこと。

画像1: ステージ4、単体の順位

リッキーはステージ3後の順位を反映して、1番手でのスタート。つまり、ワダチも何もなくルーティングを100%こなさなければならない難しいスタート位置になるのだが、これに対してリッキーは「ナーバスだった」というコメントを発表している。だが、走り出してみるとそつなくペースを守ることができたようだった。それに、250km地点からコルネオがリッキーに合流し、2台体制で難しいラスト50kmを乗り切ったのだ。

ステージで最も速かったのは、実はサム・サンダーランドであった。

画像2: ステージ4、単体の順位

15番目のスタートで、ダストが多く不利だったものの、低く伏せた姿勢でレースをスパート。だが、5分のペナルティを課せられたことで、順位自体は8位に沈む。ペナルティの情報は「speeding」とのことで、現時点では日本から詳細を確認できていない。

ステージ2で急浮上したロス・ブランチは、ステージ3で落ちてしまっているものの、ステージ4では3位に。

ステージ4後、総合順位

19RICKY BRABECMONSTER ENERGY HONDA TEAM 202015H 06' 43''
27KEVIN BENAVIDESMONSTER ENERGY HONDA TEAM 202015H 09' 13''
  • 00H 02' 30''
317JOSE IGNACIO CORNEJO FLORIMOMONSTER ENERGY HONDA TEAM 202015H 15' 14''
  • 00H 08' 31''
00H 01' 00''
41TOBY PRICERED BULL KTM FACTORY TEAM15H 18' 52''
  • 00H 12' 09''
00H 02' 00''
55PABLO QUINTANILLAROCKSTAR ENERGY HUSQVARNA FACTORY RACING15H 24' 35''
  • 00H 17' 52''
63SAM SUNDERLANDRED BULL KTM FACTORY TEAM15H 25' 54''
  • 00H 19' 11''
00H 05' 00''
712JOAN BARREDA BORTMONSTER ENERGY HONDA TEAM 202015H 32' 03''
  • 00H 25' 20''
816LUCIANO BENAVIDESRED BULL KTM FACTORY TEAM15H 33' 13''
  • 00H 26' 30''
92MATTHIAS WALKNERRED BULL KTM FACTORY TEAM15H 33' 46''
  • 00H 27' 03''
1059SKYLER HOWESKLYMCIW RACING15H 41' 11''
  • 00H 34' 28''

という結果をふまえて、総合順位はさらにホンダ VS KTMの構図が明確に。ホンダは1-2-3を独占して、なおリッキーをトップに保持。追うKTM勢は、4位のトビー・プライスで12分遅れという位置にいる。ホンダ勢でもっともスピードを持つと言われる7位のホアン・バレダも、有力。ここまでで、現時点では25分の開きが生じている。

画像: ステージ4後、総合順位

なお、今季よりGASGASのエースとしてダカールに現れた、女王ライア・サンツはステージ4終了時点で24位。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.