via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

前日のステージ5では、昨年の覇者トビー・プライスが気を吐き、総合トップのリッキー・ブラベックに9分差へと迫った。だが、ステージ6ではブラベックが宣言通りスマッシュライド。その裏でプライスは400km地点付近でタイヤが外れるハプニングに遭遇。プライスを、ハスクバーナのファクトリーであるアンドリュー・ショートがヘルプして事なきを得たが、結果的にブラベックープライス間は25分もの差に拡大した。

画像: ブラベック、レストデイを目の前にKTM勢と25分差をマークするも、ケビン失墜。ダカールラリー・ステージ6

PHOTO/RALLYZONE

だが、ケビン・ベナバイズがフィニッシュ44キロ前でストップ

画像: リアタイヤが外れ、タイムロスしたプライス。3番手、25分差でブラベックを追う

リアタイヤが外れ、タイムロスしたプライス。3番手、25分差でブラベックを追う

ブラベックの好調の裏側では、フィニッシュ直前までブラベックの25秒差で走っていたケビン・ベナバイズが、フィニッシュ44キロ前でストップしてしまう。現段階で入っている情報としてはエンジントラブルの可能性が高く、2時間以上牽引を待ち、ブラベックの3時間37分遅れでフィニッシュラインをまたいだ。これで、ケビンの上位入賞の可能性はほとんど無くなってしまった。魔物はフィニッシュ直前に潜むのか、エンデューロチャンピオンのジョニー・オベールもフィニッシュ直前のクラッシュで3度目のダカールを離脱することになった。

画像: スーパークロスのスター、アンドリュー・ショート。SS中、プライスが停車しているのを発見し「すでに自分は遅れているから、プライスをヘルプすることにした」とコメントしている。トップから1時間36分遅れへ後退

スーパークロスのスター、アンドリュー・ショート。SS中、プライスが停車しているのを発見し「すでに自分は遅れているから、プライスをヘルプすることにした」とコメントしている。トップから1時間36分遅れへ後退

昨日、KTMはサンダーランドを負傷によってリタイアさせているが、ケビンの場合はブラベック達のサポートにまわることもできる。不幸中の幸いで、レストデイでしっかりマシンも復調するだろう。だが、大きな痛手をホンダ、KTMともに前半で負ったことには変わりない。

ステージ6順位

順位ライダーチーム1位との差ペナルティ
1RICKY BRABECHRC
2JOAN BARREDA BORTHRC
  • 00H 01' 34''
3MATTHIAS WALKNERKTM
  • 00H 02' 45''
4PABLO QUINTANILLAハスクバーナ
  • 00H 04' 55''
5LUCIANO BENAVIDESKTM
  • 00H 05' 02''
6JOSE IGNACIO CORNEJO FLORIMOHRC
  • 00H 05' 16''
7FRANCO CAIMIYAMAHA
  • 00H 08' 13''
8PAULO GONÇALVESHERO
  • 00H 08' 16''
9STEFAN SVITKOSLOVNAFT
  • 00H 10' 56''
10SKYLER HOWESKLYMCIW
  • 00H 15' 03''

2番手タイムは、ホアン・バレダ。3番手のマティアス・ウォークナーは順当。

ステージ6後、総合順位

順位ライダーチーム1位との差ペナルティ
1RICKY BRABECHRC
2PABLO QUINTANILLAハスクバーナ
  • 00H 20' 56''
3TOBY PRICEKTM
  • 00H 25' 39''
00H 02' 00''
4JOSE IGNACIO CORNEJO FLORIMOHRC
  • 00H 25' 41''
00H 01' 00''
5JOAN BARREDA BORTHRC
  • 00H 32' 58''
6MATTHIAS WALKNERKTM
  • 00H 33' 39''
7LUCIANO BENAVIDESKTM
  • 00H 39' 02''
8SKYLER HOWESKLYMCIW
  • 01H 04' 50''
9STEFAN SVITKOSLOVNAFT
  • 01H 07' 49''
10FRANCO CAIMIYAMAHA
  • 01H 10' 24''
00H 05' 00''

この上位体制で、レストデイ〜後半戦へ入る。

総合順位では、2位にハスクバーナのパブロ・キンタニラがつける。KTMはハスクバーナと異なるチームではあるものの、そのマシンの基本コンポ—ネントを共にしており、冒頭でレポートしたとおりハスクバーナファクトリーのライダーが、KTMファクトリーをサポートすることもある。キンタニラと、プライスの位置関係は、互いに強い協調体制となるため、HRC、ハスクバーナ、KTMの3すくみと見るより、KTM勢がトップ3に2人残っているとみるべきかもしれない。

プライスは、25分離れつつも3番手。HRCも、コルネオとバレダが4-5番手と手堅く40分圏内に残る形。8番手以下は差が大きく拡大して1時間以上の差があり、上位フィニッシュへの途は遠いと言えるだろう。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.