2020年1月17(金)〜19日(日)の3日間に渡り、札幌ドームにて開催された「札幌モーターショー2020」。2年に一度のペースで開催されており、今回は3日間通しての総来場者数が9万人を超え北海道の一大行事となっている。そこでみつけた、北海道ならではの「スノーバイク」が半端じゃなかった。

写真・文/小松男

土だけじゃない、雪の上でも駆け抜けろ 

画像: TIMBERSLED RIOTを装着したHusqvarna FC450

TIMBERSLED RIOTを装着したHusqvarna FC450

そのスノーバイクこそが、ティンバースレッド。オフロードバイクのスイングアームセクションを交換することでスノーバイクにするキットだ。フロントがスキー板、リアがキャタピラのティンバースレッドはバイク乗りを中心にウインターレジャーファンなど幅広く注目を浴びていた。

ATVやスノーモービルなど、北米で大きな市場を形成するポラリス社のブランドだけに、信頼性はとても高いのも特徴だ。

画像: TIMBERSLED RIPPERを装着したHONDA CRF110F

TIMBERSLED RIPPERを装着したHONDA CRF110F

今回惜しまれるのは、会期中プロライダーのリーガン・シエグ選手を招き、野外特設ステージにてポラリス・スノーバイクショーを行う予定だったが、例年以上の雪不足により断念された。次回に期待したい。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.