エンジンをパワーアップさせれば、ノーマルよりも熱が発生します。開けられるライダーが乗れば、さらに熱が発生します。だから、ラジエーター性能をアップさせれば、エンジンポテンシャルは最大限引き出せるというわけです。そこで、2015年全日本を制したモトクロスライダー小島庸平は考えました。

超絶スペシャリスト達が、考えまくったのだ

なんといっても、ミソは3社一体の開発布陣。

・ラジエーター制作技術専門の「KOYORADO」
・オイルクーラーや熱交換器などを手掛ける熱管理技術のプロフェッショナルメーカー「ディグリー」
・そしてモトクロスチーム「Bells Racing」
による開発で生み出されたのが、今回のラジエター。

レーシングラジエーター KOYORAD × MIE RACING TYPE-44

画像: レーシングラジエーター KOYORAD × MIE RACING TYPE-44

CRF250R用 
対象年式:2018〜2020モデル
価格:¥144,500(税抜)※先行予約受付中
納期:3月2日(月)以降
付属品:ラジエーターキャップ、クリップナット
CRF450R用
対象年式:2017〜2020モデル
価格:¥160,000(税抜)※受注生産
製作期間:30〜45日
付属品:ラジエーターキャップ、クリップナット

販売元:株式会社フォーティーフォー
TEL:059-395-6644

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.