ホイールベースはDUKE390と同じ、1357mm。これって、DUKE125と同じサイズ感なんですよね。つまり、くるくる回って、誰もが思い通りに走り回れるコンパクトロケットが、スクランブラーに仕立てられたってわけですよ。だから、701とはまた違う名車になってる予感。ああ、これでダートを走ってみたい!!
画像7: SVARTPILEN 401

特徴的な軽量かつ頑丈なトレリスフレーム。
サブフレームは40 mm延長され、二人乗り時の快適性が向上しています。

画像8: SVARTPILEN 401
画像9: SVARTPILEN 401
画像10: SVARTPILEN 401
画像11: SVARTPILEN 401

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.