ホイールベースはDUKE390と同じ、1357mm。これって、DUKE125と同じサイズ感なんですよね。つまり、くるくる回って、誰もが思い通りに走り回れるコンパクトロケットが、スクランブラーに仕立てられたってわけですよ。だから、701とはまた違う名車になってる予感。ああ、これでダートを走ってみたい!!

SVARTPILEN 401

画像1: SVARTPILEN 401

発売予定時期:2020年4月
価格:¥695,000(10%消費税込み)

<主要諸元>
エンジン形式 :水冷DOHC 4 バルブ単気筒
総排気量 :373 cc
最高出力 :32 kW(44 PS)/ 9,000 rpm
最大トルク :32 Nm / 7,000 rpm
変速機 :6 速
タイヤ(F/R) :110/70 R-17” / 150/60 R-17”
ホイールベース :1,357 mm ±15.5 mm
シート高 :835 mm
燃料タンク容量 :約9.5 L
車輌重量 :約152 kg(燃料除く)
保証期間 :2 年間
生産国 :インド

画像2: SVARTPILEN 401
画像3: SVARTPILEN 401
画像4: SVARTPILEN 401
画像5: SVARTPILEN 401
画像6: SVARTPILEN 401

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.