via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

2020年、ホンダは全日本モトクロスにおいてファクトリー活動を展開しない。公式の発表では、休止とも撤退ともされていないが、日本のモトクロスにおける絶対王者成田亮を抱えてきた、Team HRCが活動しないことは、プロライダーとしての活動を著しく制限されることを意味する。プロとして25年活動してきた成田が、3月12日に緊急記者会見を開いた。

画像: 成田亮、2020年を最後の年に。緊急記者会見にて涙ながらに語る
「今年一年、みんなに観に来て欲しい」

「今シーズンをもって、プロライダーとしての活動をおわりにします」と、成田亮は発表。ライブ中継に向けて、涙を流した。

みんなに観てもらいたいから、シーズン前に引退を宣言する

日本のモトクロス界においては、シーズン前に引退を発表するのは極めて異例だと言える。だが、こと海外においては、今季チャド・リードがシーズン前の公表をおこなっているとおり、わりと通例である話だ。事前に引退を宣言し、花道を1年ファンが見守ることを、フェアウェル・ツアーと表現するメディアもある。

画像: 2018年、V12達成の瞬間

2018年、V12達成の瞬間

緊急記者会見は、福山理子が司会を務め和やかな団欒から始まった。サプライズゲストとして登場したのは、成田のチームで2020年アドバイザーを務める熱田孝高、また監督を務める川村幸市。「25年という節目の年に、こういうチームで参戦できるのは幸せなことだと思います」と成田。

画像: かつてTeam HRCの監督をつとめた川村幸市が、成田のチームを率いる

かつてTeam HRCの監督をつとめた川村幸市が、成田のチームを率いる

画像: アドバイザーは、熱田孝高

アドバイザーは、熱田孝高

メカニックには、伊藤昌弘が就任。「セキレーシングモトロマンで、プライベーターとして参戦した2004年とは比べものにならないほどの仲間が支えてくれる」と成田は言う。

画像: 常に、王者としての貫禄を見せ続けた(写真は2018年最終戦)

常に、王者としての貫禄を見せ続けた(写真は2018年最終戦)

画像: 喜びを爆発させたV12。東福寺保雄の記録を塗り替えて、なおタイトル数を増やす。今後、こんな希有なライダーが現れるのだろうか?

喜びを爆発させたV12。東福寺保雄の記録を塗り替えて、なおタイトル数を増やす。今後、こんな希有なライダーが現れるのだろうか?

画像: ファンも熱い

ファンも熱い

王者としてありつづける

画像: ヒート2表彰式、涙をこらえきれなかった成田(2019年最終戦)

ヒート2表彰式、涙をこらえきれなかった成田(2019年最終戦)

緊急記者会見は、録画も配信中だ。

画像: 成田亮緊急Live会見 youtu.be

成田亮緊急Live会見

youtu.be

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.