オフロードバイクは、雨どころか泥にも負けないスーパータフなツールが必須。ツーリングのバックパックですら、めっちゃタフなやつが欲しいですよね。

というわけで、石戸谷蓮にバッグについて聞いちゃいました

画像1: というわけで、石戸谷蓮にバッグについて聞いちゃいました

●一般的なアウトドア系のバックパックとの違いを教えてください。

「僕は25Lサイズを使用していますが、すぐに違いを感じたのは高密着なジッパーです。普通のジッパーと違ってスライドが重く、付属のシリコンを塗布しないと簡単には開きません。それくらい強い密着力なので外部からの侵入を防げるなと実感できます。特に水が入らない安心感は大きいです。」

●背負った時のフィッティングはどうでしたか?

「普通のリュックであれば、上から下まで同じ横幅(長方形)で設計されているので、コーナーを曲がる時に荷物が横にずれて肘に当たります。しかし、このリュックは上が太く下が細い形状(台形)になっているので肘への当たりが少なかったです。ライデイング時に気にならないのは嬉しいですね。」

画像2: というわけで、石戸谷蓮にバッグについて聞いちゃいました

●実際に使用し続けて気づいた事を教えて下さい。

「オフロードを中心に走るので雨や雪のコンディションは避けられません。そんなときにも濡らしたくない物は、とりあえず詰め込んでおけばい良いという安心感もあります。今まではビニール袋やジップロックに入れたりしていましたが、その必要性がなくなり気楽に荷造りができるようになったのは楽でした。耐久性も高いのでこれからも使い続けて色々な体験を積み重ねていきたいと思います。」

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.