プロテクターの重要性は、スピードによって左右される…と考えるのがセオリーでしょうか。オフロードでは、ブレイスでしっかり関節の動きをかためるモトクロスに対し、トライアルの動きやすさを優先した装美が対照的です。ただ、エンデューロに関して言えば、どちらつかず…。とくに、スピードにこだわらないスタイルでライドするあなたには、こんなプロテクターもありかもしれません。

JITSIE
Chest/Back Protector Dynamik NEWボディープロテクター

画像: JITSIE Chest/Back Protector Dynamik NEWボディープロテクター

価格:¥14,000/¥17,000(税抜)※キッズと大人で値段が変わります
キッズサイズ:XS KID(小学校低学年)、S/M KID(小学校高学年)、L/XL KID(大人サイズS相当 小柄な方)
大人サイズ:S/M(細身の方)、L/XL(がっちり体型の方)、XXL(大柄な体型の方)
※大人サイズは身長175cm位を目安としています
規格:EN1621-2規格でCE認定

トライアルバイク用品メーカーのJITSIEが手掛けているこのプロテクターは、軽量・安全・体にフィットを実現したインナータイプ。前面は胸部・腹部を守り、背面は背中から腰にかけての脇までカバー。素材には伸縮性の速乾素材を用いているので快適性を確保しています。

画像2: トライアル用の「着る」プロテクターで、体の動きに自由度を

サイドジッパーで簡単に着脱可能なので、長期使用してゴムが伸びてしまうといった心配がないのも嬉しいですね。

画像3: トライアル用の「着る」プロテクターで、体の動きに自由度を

プロテクター自体にも通気性を良くするため穴あけ加工がされており、首周りはメッシュ素材を使用しています。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.