via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

マニアックすぎるエンデューロパーツを仕入れて、もう数十年になるんだろうか…知る人ぞ知るちゃねスポーツさんが、いま悲鳴を上げているという。このクラッチを軽くするレバーが、人気すぎるとの報。

MIDWEST MOUNTAIN ENGINEERING
クラッチレバー

¥12,000

ほぼ50%の軽さに変貌すると言われている、北米で人気のレバー。レバー自体はショートだが、レバー比の妙で、引きを軽くしているのが特徴。マグラ、ブレンボなどのマスターが付いているエンデュランサー用がラインナップされている。

画像1: MIDWEST MOUNTAIN ENGINEERING クラッチレバー

こちらは、2017年に取材したアメリカのハードエンデューロ、TKOで撮影したもの。GNCCでも散見されたところをみると、北米の東海岸でかなりのシェアを誇っていそうだ。

画像2: MIDWEST MOUNTAIN ENGINEERING クラッチレバー

余談だが、TKOではマジでガチガチはハンドル回りが面白い。

画像3: MIDWEST MOUNTAIN ENGINEERING クラッチレバー

こんな感じ。アルミ芯入りのガードを、マウントにボルト止めしていたり、それをラバーマウントして固さを逃がしたりしているという、特殊な仕様。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.