via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)
iPhoneは、発売当初新しかったか。様々なところで言われている話だが、実際にはスマートフォンそのもの自体iPhoneよりも先んじた製品が多かったし、その昔はPDAたるプロダクトも存在した。それでもiPhoneが、スマートフォンのなかでもイノベーティブだと言われ続け、故ジョブズは神格化されている。ものごとのスマート化、つまりは真の情報化は、仕組みをつくればマーケットで受け入れられるのではない。情報をいかに整理・編集し、大勢に理解できるアプローチで動的なプロダクトに結びつけるか。iPhoneでいうなら、ヌルヌル動く使い勝手や、育ててきたiTunesなどがそれにあたるんだろう。モトクロッサーは、スマート化できているだろうか? その答えは、欧州で発表された21モデルのSXシリーズにあるような気がする。
画像: KTM21モデルは、予想外の隠し球。スマート・モトクロッサーの座につけるか

KTM
450SX-F MY2021

4年単位でフルモデルチェンジをしていくKTMの通例どおり、この21MYは19MYから3年目にあたり、外観はグラフィック以外、旧モデルと大きく変更がないのだが、リリースによるといくつかに目標を絞って開発されたものだとのこと。1つは、最軽量。そして、もう一つが「ウェル・エキップド」よく仕立てられたマシン構成だ。

画像: KTM 450SX-F MY2021

21モデルからは、SXシリーズはスマートフォンと無線接続してセッティングが可能になったという。これだけなら、はっきりいって今までもあったし、ロードバイク達はマシンについたフル液晶を駆使して、ユーザーセッティングができるから新しくはない。

モトクロッサー、スマート化のインパクト

画像: Introducing the 2021 KTM Motocross range | KTM youtu.be

Introducing the 2021 KTM Motocross range | KTM

youtu.be

だが、メディアプレゼンテーションとして公開された映像は、もしかするとこれはモトクロッサーのセッティングの概念を塗り替えるものかもしれないな、と思えるものだ。このスマート化は、21モデルにおいて250SX-F、350SX-F、450SX-Fに取り入れられている。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.