真夏のコースでバイクに乗った後は日陰で休みたいもの。でもコースは日陰がすくないのがネックですよね。タープテントを立てたいけどかさばるし、一人だと設営が大変。そんなときは車からサッと展開できるこのタープがおすすめですよ。

オグショー
ESバックドアタープ 、ESリアパイプラックセット

画像1: オグショー ESバックドアタープ 、ESリアパイプラックセット

価格:¥44,000(税込)
適合車種:200系ハイエース 標準ボディ、200系ハイエース ワイドボディ、NV350キャラバン 標準ボディ、NV350キャラバン ワイドボディ

画像1: トランポのバックドアからタープ、真夏の日差しもこれでシャットアウト
画像2: トランポのバックドアからタープ、真夏の日差しもこれでシャットアウト

日差しの向きに合わせて角度を調節可能。素材には撥水機能を有しているため急な雨にも安心です。

画像2: オグショー ESバックドアタープ 、ESリアパイプラックセット

使わない時はこのようにクルクルと丸めて収納できるので場所もとりません。

タープだけじゃないんです、意外と便利なこのアイテム

画像: タープだけじゃないんです、意外と便利なこのアイテム

タープとセットになっているこのリアパイプラックは、元々オグショーの人気商品。どういった使い方ができるかというと、濡れたもの、汚れたものを掛ける事で車内を汚さずに着替えも可能。タープを展開しててもこのラックは仕様可能なのでキャンプのときにはランタンなんてつけるのもありですね。

セット価格も、オーニングよりだいぶお安くなっております。手軽なトランポタープとしてぜひ!

ちなみに…オグショーとOff1.jpがタッグでとりくんでいる、ダートバイクプロフィールをご存じですか?

社会人なら名刺を持っているもの。でも、趣味のダートバイクに関しては「自分はこんな人です」って紹介できるものは、なかなか持っていないのが現実。たとえば、弊webで紹介された記事を送ったり、SNS上でシェアすれば「こういう活動してる人なんだ」ってわかりやすいですよね。

そこで、今回トランポプロショップのオグショーの協力を得て、オグショーユーザーなら誰でもOff1.jp上で紹介するという企画を遂行中です。オグショーのちょっとしたパーツでもOK、Off1.jp編集部がレース・イベント会場(時にはご自宅)で直接取材にお伺いして掲載するという仕組み。

オグショー代表の小栗氏は「この企画を通してオフロードバイクが、オフロードバイク業界外へ広まっていき、オフロードバイクの社会的地位向上につながって欲しい」とのこと。

パーツ1つオグショー製品をもっていれば掲載できます! ぜひ、アンケートにお答えください!!

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.