昨今、注目を浴びている電動MTB。ヤマハにも「YPJ-XC」というモデルがあるが、さらにそれを本格的にオフロード走行に特化した新たなマシンが発売されます。こだわりぬいたその性能と価格からヤマハの本気が伝わってきます。

新開発「YAMAHA Dual Twin Frame」を採用

画像1: 新開発「YAMAHA Dual Twin Frame」を採用
画像2: 新開発「YAMAHA Dual Twin Frame」を採用

メインフレームの上下がそれぞれ2本に分かれた構造のYAMAHA Dual Twin Frameを新たに開発。2本のトップチューブの間にリヤサスペンションを配置することでシート高、スタンドオーバーハイトを抑えることで、低重心化に貢献し足つき性も向上しています。

画像3: 新開発「YAMAHA Dual Twin Frame」を採用

下部のダウンチューブはバッテリーを挟み込むレイアウトにすることで剛性を確保し、重量バランスの最適化、操縦性・取り回し性の向上に貢献しています。

走りを支える要のサスペンション

画像1: 走りを支える要のサスペンション
画像2: 走りを支える要のサスペンション

前後サスペンションは悪路やアップダウンの衝撃を効果的に吸収するROCKSHOX製を採用。リヤサスペンションはリンク式になっており、リヤホイールの軌跡・路面追従性を考慮しレイアウト設計を決定しています。
●フロントサスペンションストローク量:160mm
●リヤホイールトラベル量:150mm

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.