家で洗車をするなら電気式が便利ですよね。水道と繋いでコンセントに刺すだけですぐに使用できるスグレモノです。でも実際に住宅街で使うとどうなのでしょうか。Off1.jpで実際に使って検証しみました。

ヴィットリオの電動高圧洗浄機が、壊れにくい秘密

一般的な製品であれば製品の価格を安くするため樹脂パーツを用いて作られていますが、蔵王産業ではあえて金属製のパーツを使用しています。

画像1: ヴィットリオの電動高圧洗浄機が、壊れにくい秘密

一般的な洗車機は製品の価格を抑えるために樹脂製のパーツを用いる事が多いのですが、樹脂だとどうしても長期間使用した際に摩耗して削れてしまったり、気温の変化や紫外線などでダメージを負い使用中の不良に繋がりやすくなります。しかし、そのような箇所に金属を使用することによってそのリスクを抑えているというわけです。

画像2: ヴィットリオの電動高圧洗浄機が、壊れにくい秘密

ポンプ部分はアルミダイキャスト製で摩耗に強いだけでなく、凍結にも強く寒冷地での使用も考慮されています。

クセになりにくい「だけ」じゃないホース

画像1: クセになりにくい「だけ」じゃないホース

ヴィットリオZ1〜Z3にはこのホースが使われています。素材にはポリ塩化ビニルを用いることで柔らかくしなやかさを備え折れにも強くなっています。

画像: (左:一般的なホース 右:ヴィットリオのホース) youtu.be

(左:一般的なホース 右:ヴィットリオのホース)

youtu.be

一般的な洗車機用ホースと比べるとこんな感じ。このしなやかさがホースのクセを抑制しているワケなんです。

比べてみると一目瞭然ですね。使うユーザーの事を考え、ホースにもしっかり工夫がされています。
(左:一般的な洗車機用ホース 右:ヴィットリオのホース)

画像2: クセになりにくい「だけ」じゃないホース
画像3: クセになりにくい「だけ」じゃないホース

ハイエンドモデルであるZ4はさらに強く作られており、スチール製のワイヤーを織り込んだゴムホースとなっています。そのため、折れやクセに対してはより強くなっています。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.