ライディング時は長袖長ズボンが当たり前。つまり、肌の露出が無いため多量の汗をかきます。さらに硬いプロテクターを全身に装備しているため、膝や肘など擦れる事も多いですね。どちらも人の肌に対してダメージを与えるものですが、それを軽減できるクリーム「プロテクトJ1」をいろんな人に試してもらう連載をはじめちゃいます。

擦れトラブルに悩んでいるならかなり効果アリ

レディースエンデューロのトップライダーである近藤香織も、ライディング時のスキントラブルに悩んでいます。ライダーにとって最も身近なトラブルと言ったら手のひらにできるマメをイメージすると思いますが、実際に聞いてみると他にもトラブルは起きているようです。

画像1: 擦れトラブルに悩んでいるならかなり効果アリ

手に起こる悩みがアクセルを開けた際にグリップドーナツ部分が擦れてしまい、右手親指付け根の皮が剥けるというもの。これは多くの方も経験したことが多いのではないでしょうか。

画像2: 擦れトラブルに悩んでいるならかなり効果アリ

その効果に気づいたのは乗り終えてグローブを外したときでした。「普段なら擦れて皮が向けたり、赤くなってヒリヒリしていましたが、それがかなり抑えられていました。」と近藤さん。
塗り心地も「正直、ワセリンやハンドクリームを想像していたけど実際に塗ってみるとサラサラしており、乾いた際も表面にのような物が形成されていて目で見ても効果を実感できた」とのこと。

コースの下見でも活躍するワケ

レース前にはコースの下見をしますが、多くの方が長靴、あるいはブーツを履いて歩き回っていますよね。ブーツは構造上歩きやすいとは言い難く、モトクロスパンツやプロテクターに合わせて作られています。そのためブーツで歩いた際に、ライディング時には生じない動きをするため、足に対してより擦れてしまうというもの。せっかくのレース前日から足を痛めるのは避けたいですよね。近藤さんは、これにも効果があったとのことでした。

手や足だけでなく「顔」もしっかりガード

今までは擦れダメージについて取り上げてきましたが、汗トラブルにも効果を発揮します。顔はヘルメット+ゴーグルで覆われているため砂や埃からはある程度守ってくれますが、その反面熱がこもり部分的に汗をかきます。彼女もその悩みを抱えていました。「私は肌が弱いため汗をかくとヒリヒリしてしまうことがありますが、これを塗った所そのダメージも軽減されていました。なにより、日焼け止めの上から塗っても効果を発揮するのが驚きでした」とのこと。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.