金属製のハンドガードは衝撃にも強く、大きな転倒をしても破損しにくいのですが、一方で剛性が強すぎるためにハンドルが硬くなってしまいライディング中に気になるって方も多いはず。そんな剛性のバランスに着目したハンドガードがダートフリークより登場しました。一般的な物との違いはその柔軟性にあったんです。

ZETA
アントラーハンドガード

価格:¥7,900(税抜)
カラー:ブラック
素材:PU樹脂
対応ハンドルバー径:内径13.5〜16mm

剛性と柔軟性を兼ね備えた軽量な樹脂製ハンドガード。樹脂は瞬間的な強い衝撃に弱い点がありましたが、素材を見直すことでより高い強度を確保。さらに、ハンドルバーに対してしっかりとしなることで操作性も向上しています。

補修パーツはこちら

リプレースメントガードキット

画像9: ガード+フィーリングにこだわったレース向けハンドガード。秘密はその柔らかさ

価格:¥3,400(税抜)

リプレースメントバーエンドキット

画像10: ガード+フィーリングにこだわったレース向けハンドガード。秘密はその柔らかさ

価格:¥2,800(税抜)

リプレースメントマウンティングキット

画像11: ガード+フィーリングにこだわったレース向けハンドガード。秘密はその柔らかさ

価格:¥3,700(税抜)

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.