KLX230は高いオフロード性能を実現するため、ノーマルでシート高883mm。230という排気量にしては、かなり高めです。で、足つきをよくするためにサスペンションでローダウンしてしまうと、通常のサイドスタンドでは倒れやすくなってしまうこともしばしば。そこで、ローダウンしたいKLX230乗りの方へ、救世主とも言えるアイテムが登場!

ZETA 鍛造アルミキックスタンド

画像: ZETA 鍛造アルミキックスタンド

価格:¥12,100(税込)
純正比較長:-25mm
KLX230用キックスタンド 適合品番:ZE56-8619

ほぼ直立の車体に、安心感・安定感をプラス

画像: ほぼ直立の車体に、安心感・安定感をプラス

ローダウンした状態で純正長のスタンドを使ってしまうと、車体が立ってしまいます。そこで、このZETA製のアルミキックスタンドに変更することによって、安定して停車することができるんです。鍛造アルミで見た目もカッコイイ!

着脱式の先端チップで、さらに細かい高さ調整が可能

画像: -50mm

-50mm

画像: -25mm

-25mm

画像: ±0mm

±0mm

画像: 25mm

25mm

オプション/リプレースメントチップ
価格:¥3,300(税込)

ローダウンと一言で言っても、下げ幅はそれぞれ。さらにホイールサイズアップやサスペンション長の変更などのハイリフトカスタムにも対応できるように、ノーマル比-50mmから+25mmまで、スタンドの長さを細かく調整できるオプションチップが用意されています。KLX230の場合は上記の4通りの中から好みの高さを選べますよ!

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.