via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)
バイクに乗った後は汗や土で体はドロドロ。思うことはすぐにお風呂に入りたい! というか汗を流してさっぱりしたいですよね。でも近くに温泉が無かったり、遠征したときは家まで我慢するしかありません。そんなシーンで活躍するのがこのツールなんです。思いっきり走った後にすぐ温かいシャワーが浴びれたらレースもいつもより頑張れるかもしれませんよ。

OGUshow
ホットシャワーシステム

価格:¥228,000(税抜)
適合:高圧ポンプ装着車(サブバッテリーもしくはポータブルバッテリーが必要)
本体寸法:W365mm × D231mm × H707mm
重量:約17kg
電源:DC3V(単1形乾電池×2本)
使用燃料:ガスカートリッジ2本
備考:ポンプ、バッテリー、ホース等は付属しません

家庭でも使われている給湯器をポータブル仕様に開発されたのがこのホットシャワーシステム。給湯器の燃料は市販のガス缶をセットするだけなので誰でも簡単に扱えます。使用時もスイッチを押せば10秒〜30秒後にはお湯が出るスピーディーさも魅力です。

使いやすさにこだわったポイント

画像3: ライディング後すぐ、"温水"シャワーしたいあなたへ

持ち運ぶ際に便利なコロを本体下部に装備。上部にはグリップハンドルがついているのでキャリーケースの様に持ち運べます

画像4: ライディング後すぐ、"温水"シャワーしたいあなたへ

温度調整ダイヤルがついているので、冷水から温水まで好みの温度に調整できます。操作もノブを回すだけ

画像5: ライディング後すぐ、"温水"シャワーしたいあなたへ

カセットガス2本をセットするだけで作動します。ガス缶が気軽に購入できるのもグッド。使用時間は連続で30分程度。これだけあれば十分に体も洗えますね

画像6: ライディング後すぐ、"温水"シャワーしたいあなたへ

シャワーヘッドは本体族部にセットできるので収納時もコンパクト

画像: 使いやすさにこだわったポイント

トランポに積み込んだサイズ感はこんな感じ。この大きさなら2台積んでもその間に置けそうですね。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.