タンデムシートかトップケースか。はたまた、そのままワイルドにキャンプ道具をドカ積みするか。CT125ハンターカブのキャリアは用途によって使い分けるのも良しですが、今回は、モノロックケースなどの製造で約60年もの歴史がある「KAPPA」より、汎用トップケース「K39」を入手して実際に装着してみました!

KAPPA
モノロック トップケース
K39

画像: KAPPA モノロック トップケース K39

価格:¥12,100(税込)
最大積載量:3kg
容量:39ℓ
外側寸法:幅50cm×奥行43cm×高さ29cm

39リットルという大容量を確保しながら、本体はプラスチック製で3kgの超軽量。ケース後部には、夜間の可視性を向上させるリフレクターを装備していて、安全性も考慮されてます。そしてもちろん、ボックス後部には荷物を守るキーシリンダーも装備。非常に高い防犯性能を誇る「ウェーブキー」を採用していて、盗難対策もバッチリです。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.