日本最大級のツーリングラリー「SSTR」。新型コロナウイルスの影響でオープン参加【My SSTR】となりながらも、5000人以上のライダーが参加した。「DUNLOP SPORTMAX ROADSMART Ⅳ」をご紹介するこの記事の第3弾は、SSTR2020参加ライダーのインプレッション。普段乗っている愛車だからこそ、その違いがわかるはず!

画像1: SSTR2020参加ライダーがDUNLOP SPORTMAX ROADSMART Ⅳをインプレッション

雨天でも晴天と変わらない感覚!〜愛知県・渡部さん〜

画像2: SSTR2020参加ライダーがDUNLOP SPORTMAX ROADSMART Ⅳをインプレッション

渡部 要さん

47歳/愛知県

年間走行距離:約3万km

SSTR参加回数:初参加

MySSTR実施日:10/28

SSTR2020ゼッケン:2721

出発地:名古屋港

参加車両:CBR650R (HONDA)

ROADSMART Ⅳに履き替えて感じたこと)

ハンドル操作が楽になり、コーナリングが快適になりました。とても感触が良かったので、履き替えて直ぐに名古屋から小田原まで走っちゃいました(笑)。それぐらい気持ちの良いタイヤです。

ROADSMART Ⅳの魅力を感じたシチュエーション)

高速道路では安定感があり、市街地は路面をしっかり捉えてくれる感覚が強かったです。雨でも晴天時と走っている感覚が同じなことに驚きました。ワインディングは楽しくなりますね。以前のモデルも履いたことがあるのですが、それに比べて車体が傾けやすくなっています。

今までのタイヤとの違い)

走行中の安定感が抜群です(特にリアタイヤ)。現在4000km以上走行していますが、磨耗も少なく、冷たい路面でもしっかりと曲がってくれるので安心です。

SSTR2020を終えて)

初参加でしたが、バイクならではの季節を感じて楽しめました。準備も含めて色々な出会いに感謝です。

画像3: SSTR2020参加ライダーがDUNLOP SPORTMAX ROADSMART Ⅳをインプレッション
画像4: SSTR2020参加ライダーがDUNLOP SPORTMAX ROADSMART Ⅳをインプレッション

イメージ通りに曲がってくれるので疲れない〜埼玉県・西山さん〜

画像5: SSTR2020参加ライダーがDUNLOP SPORTMAX ROADSMART Ⅳをインプレッション

西山 優さん

49歳/埼玉県

年間走行距離:約1万km

SSTR参加回数:3回目

MySSTR実施日:10/31

SSTR2020ゼッケン:3792

出発地:茨城県

参加車両:MT-09(YAMAHA)

ROADSMART Ⅳに履き替えて感じたこと)

走り出しが軽いですね。市街地での低速時は、よりその印象が強かったです。雨天や高速道路、カーブなど、路面をしっかり捉えてくれるのでとても走りやすくなりました。

ROADSMART Ⅳの魅力を感じたシチュエーション)

特に走りやすさを感じたのはワインディングです。自分が考えている通りに走ってくれるので、コーナリング時は内側に切れ込んだり、外側に膨らんだり、といったことがなくなりました。

今までのタイヤとの違い)

自分のイメージ通りに車体が動いてくれるのは大きいです。ツーリングに集中できるので疲れにくくなりました。SSTRのように長時間の場合は特に差が大きかったですね。

SSTR2020を終えて)

通常の夏開催ではなく、冬での開催となるので天候や路面、ルート選択に悩みました。当日は冷え込みが厳しく、不安だったのですが、このタイヤのおかげかスムーズに走り切れました。翌日、能登半島をゆっくりとツーリングしたのですが、翌々日は終日雨。その分、タイヤの雨天性能を充分に堪能できました(笑)。

画像6: SSTR2020参加ライダーがDUNLOP SPORTMAX ROADSMART Ⅳをインプレッション
画像7: SSTR2020参加ライダーがDUNLOP SPORTMAX ROADSMART Ⅳをインプレッション

衝撃吸収性能に驚き!〜愛媛県・大堀さん〜

画像8: SSTR2020参加ライダーがDUNLOP SPORTMAX ROADSMART Ⅳをインプレッション

大堀 約礼さん
〜彼女募集中の義足ライダー〜

55歳/愛媛県

年間走行距離:約1万5千km

SSTR参加回数:8回目

MySSTR実施日:11/14

SSTR2020ゼッケン:2849

出発地:徳島県

参加車両:MONSTER800IE(DUCATI)

ROADSMART Ⅳに履き替えて感じたこと)

アクセルを開けた分だけ車体が押し出されるレスポンスにビックリしました。車体との一体感が強く、直線は真っ直ぐ、曲がる時は車重が減ったかのように軽快になりました。

ROADSMART Ⅳの魅力を感じたシチュエーション)

履き替えた当日は、雨上がりだったのですが慣らしとして150km程走りました。路面は濡れていたのですが、接地感が強く、安心して走れました。高速道路での減速時は、路面をしっかりと掴んでくれました。ストレスが少なくなり、ロングツーリング時は疲労も軽減されましたね。

今までのタイヤとの違い)

今まではツーリングタイヤでとにかく安いもの、を選んできたのですが、このタイヤの真っ直ぐ走る、曲がる、止まるといった基本性能の高さに驚きました。四国のライダーが特に感じる、瀬戸内海を渡る橋の継ぎ目での突き上げが軽減され、サスペンションを変えたのか!? と思ってしまう程です。

SSTR2020を終えて)

私は右足が義足のため、500kmを超えるツーリング時は左足がつったり、バイクを降りるとフラフラしてしまうのですが、このタイヤの衝撃吸収のおかげか、今回のSSTRでは苦労しませんでした。無事に最高の夕日を見ることができ、愉快なSSTR仲間にも出会えたことに感謝です。

画像9: SSTR2020参加ライダーがDUNLOP SPORTMAX ROADSMART Ⅳをインプレッション
画像10: SSTR2020参加ライダーがDUNLOP SPORTMAX ROADSMART Ⅳをインプレッション

賀曽利さんも参加!

画像: 賀曽利さんも参加!

第1、2弾でインプレッションして頂いた賀曽利さんもSSTR2020に参加しました。高速道路、ワインディング、市街地と様々なシチュエーションを楽しめるSSTRだからこそ、このタイヤの魅力を再認識したようで、「ハードなロングツーリングが最高! と思わせてくれますね」とのこと。

スタンダード

装着タイヤサイズ適応リム幅(inch)
標準/許容
タイヤ寸法(mm)
幅/外径
フロント
120/60ZR17M/C (55W)3.50 / 3.50119 / 584
120/70ZR17M/C (58W)3.50 / 3.50118 / 600
130/70ZR17M/C (62W)3.50 / 3.50-4.00129 / 615
110/80R18M/C 58V (※)2.50 / 2.50-3.00109 / 635
120/70ZR18M/C (59W)3.50 / 3.50121 / 626
リア
160/60ZR17M/C (69W)4.50 / 4.50-5.00166 / 630
160/70ZR17M/C (73W)4.50 / 4.50-5.00162 / 656
170/60ZR17M/C (72W)4.50 / 4.50-5.50171 / 639
180/55ZR17M/C (73W)5.50 / 5.50-6.00182 / 636
190/50ZR17M/C (73W)6.00 / 5.50-6.00194 / 629
190/55ZR17M/C (75W)6.00 / 5.50-6.00195 / 646
190/60ZR17M/C (78W)5.00 / 5.00-6.00189 / 663
140/70R18M/C 67V4.00 / 4.00-4.50141 / 654
150/70ZR18M/C (70W)4.00 / 3.50-4.50160 / 672
170/60ZR18M/C (73W)4.50 / 4.50-5.50173 / 663

GT(重量車向け)

装着タイヤサイズ適応リム幅(inch)
標準/許容
タイヤ寸法(mm)
幅/外径
フロント120/70ZR17M (58W)3.50 / 3.50120 / 602
リア
180/55ZR17M (73W)5.50 / 5.50-6.00182 / 636
190/50ZR17M (73W)6.00 / 5.50-6.00194 / 629
190/55ZR17M (75W)6.00 / 5.50-6.00195 / 646

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.